2019年12月28日 更新

「いつかは住みたい」シアトルでの生活費 

シアトルはアメリカの西海岸、カナダとの国境近くにある都市。海に面し、山・湖など美しい自然に囲まれ、豊かな海産物に恵まれた所です。また、昔から日本とも深い関係のある町。そんなシアトルの生活事情をお伝えします。

パイク・プレイス・マーケットで買い物した後は、マーケットの中や周辺にあるカフェやレストランで食事を取りたいですね。お店にもいろいろありますが、シアトルの名物クラムチャウダーを食べるなら人気店「パイク・プレース・チャウダー」はどうでしょう。カニとカキのチャウダーやスモークサーモンチャウダーがUS$7.75(846円)~US$19.25(2103円)で味わえます。また、マーケットから道路を隔てた反対側にはスターバックスの1号店があります。今ここは観光スポットになっていてお土産品を売っているだけですが、ぜひ立ち寄ってみてください。
gettyimages (51183)

では、シアトルの食費をもう少し具体的に見てみましょう。

外食
大衆向けレストラン:US$15(1642円)
中級レストラン、2人で3コースの食事:US$70(7666円)
ビール:国産品(500cc)US$6(657円)、輸入品(330CC)US$6(657円)

食材
ミルク(1ℓ):US$0.87(109円)
食パン(500g):US$3.05(333円)
米(1㎏):US$4.44(485円)
卵(1ダース):US$2.73(298円)
チキン胸肉(1㎏):US$12.46(1361円)
ビーフ(1㎏):US$14.86(1623円)
リンゴ〈1㎏〉:US$5.25(573円)

シアトルの交通手段は水上タクシーも便利!

gettyimages (50947)

次に気になるのが交通費。公共交通機関としてシアトルでは、バス、ストリートカー、ライトレール、モノレールが利用できますが、水域面積が広いこの町では水上タクシーやフェリーも利用すると便利です。こうした乗り物すべてに使えるのが共通カード「ORCA」です。カードはオンライン(www.orcacard.com)で購入できますがライトレールの駅に設置された自動販売機でも買えます。このカードはUS$5~300(547円~32,856円)まで課金できます。

公営バス/ストリートカー(市電):US$2.75 (301円)※90~120分の間乗り放題
モノレール:US$2.75(301円)
水上タクシー:US$5.75 ~ 6.75 (629~739円)
フェリー:US$8.50(930円)

まとめ

以上が具体的なシアトルの生活費ですが、一人当たりの平均的な月当たりの総生活費を見てみると、US$1,074(117,624円)になっています。これには家賃が入っていないので、例えば市街地で1LDKのアパートを借りて生活した場合は、$2,099(229,882円))が上乗せされます。つまり月にUS$3,173(約347,697円)の生活費が必要だということになります。

オーストラリアのメルボルン在住。現地の日系企業で翻訳・通訳をする傍らフリーランスライターとして記事を執筆。2017年からはフルのライターに。カルチャーや社会に関心があり、趣味は旅行とアート。旅行はほとんどの場合、自分たちで計画して旅している。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
「いつかは住みたい」オークランドでの生活費

「いつかは住みたい」オークランドでの生活費

ニュージーランド北島にあるオークランドは、同国最大の都市。市街地の東側と西側に海が広がる水の都です。美しい風景に恵まれたオークランドは、最近は観光地としてだけでなく、居住地としても世界的に注目を集めています。そんな魅力あふれるオークランドの生活事情をお伝えします。
「いつかは住みたい」オックスフォードでの生活費

「いつかは住みたい」オックスフォードでの生活費

オックスフォード大学で知られるイギリスのオックスフォードは、同名州の州都。大学を中心に発展し、イギリスの歴史や伝統が残る学園都市です。そんなオックスフォードはいったいどんな所で、住んだらどれくらいの生活費が掛かるのでしょうか。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS