2019年7月18日 更新

どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

富裕層を目指すならば、まずは準富裕層入りを果たさなければ始まりませんね。野村総合研究所(NRI)による定義では、準富裕層とは預貯金含む金融資産が5,000万円以上1億円未満の世帯のことです。今のご時世、5,000万円をどうやって貯金すればよいのでしょうか。

2019.7.18

準富裕層入り5,000万円貯金のハードルは高い?

富裕層に至るプロセスとして、まずは準富裕層入りするために5,000万円を貯金することは、現在の日本人にとって並大抵のことではなくなっています。
例えば、30代前半で結婚し、子供をもうけたサラリーマン夫婦がいたとしましょうか。50代初めの給与水準がピークに達するころに子供さんが大学に入学しますから、相当高額の教育費を数年間負担しなくてはならなくなります。
仮に、幼稚園から高校まで全て私学ということになれば、大学入学前に既に1,800万円前後の教育費が必要とのデータもあります。子供が大学を卒業して社会人になるころ、夫婦は50代半ばになっています。企業にもよりますが、役職定年などで給与が下がるリスクが生じてきますね。前後して、親世代の介護問題にも直面することでしょう。親世代が自身の老後資金を潤沢に用意できていれば幸運ですが、そうでない場合は子供世帯に経済的負担がかかってきます。
老人ホーム・介護施設を利用するコストですが、月額10万円程度は覚悟しなければなりません。私設サービスを利用するならば、月額数十万円のケースも散見されるほどです。これでは、貯金をする余裕など何歳になっても持てなそうですね。ちなみに、金融広報中央委員会による最近の「家計の金融動向に関する世論調査」などによれば、50代の貯金ゼロ世帯の割合は約32%にもなっています。50代の3人に1人が貯金ゼロとは、富裕層を目指すどころのお話ではありません。

準富裕層入り5,000万円貯金の方法を考える

では、サラリーマンが準富裕層になる方法はないのでしょうか。以下、3つの方法が考えられます。
・結婚せずに独身サラリーマンを続ける・・・・定年退職まで独身サラリーマンを続ける前提であれば、計画的にお金を使える方なら、60歳定年時に5,000万円の貯金は達成可能と考えられますね。ただし、大手企業勤務の正社員で、1,000万円単位の退職金を確実に手にできる立場であれば、結婚して子供がいても定年時に5,000万円の貯金を達成できる可能性が出て来ます(中小企業勤務のサラリーマンや、非正社員の場合は極めて困難)。
それでも、準富裕層入りを果たすために、結婚も子育ても諦めてひたすら貯金にのみ励む人生というのも、相当厳しい選択ではありますね。
・結婚して子供のいないDINKSになる・・・・DINKSとはDouble Income No Kids(夫婦で稼いで子供なし)の意味です。収入が増え、かつ貯金を妨げる子育て・教育のコスト負担がなくなるメリットがあります。貯金するペースは上がり、夫婦の定年退職前に5,000万円の貯金を確保できる可能性が高まります。ただし、夫婦共働きでも子供をもうけた場合、貯金のペースは大きく落ち込み、子供が社会人になる50代以降に漸く貯金を始められる公算大となります。
結果的に、貯金5,000万円には到達できず、準富裕層入りが叶わない可能性も高いでしょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部