2018年8月5日 更新

超長寿時代の新戦略「リカレント教育」とは?~人生100年時代を生き抜こう!

リカレント教育が話題になっています。簡単に言うと「学びなおし」ということですが、このリカレント教育は今なぜ必要になっているのでしょうか?今回はリカレント教育とは何なのか?そして、リカレント教育の現場はどのようになっているのかをご紹介していきたいと思います。

2018.8.5

リカレント教育にかかわる国の取り組み

文部科学省では労働生産性の向上及び人生100年時代の生き方に教育目標をシフトチェンジしています。具体的には「多様な年齢層」の学びの拠点として、高等教育(大学・高等専門学校・専門学校)を改革していくことを目標として掲げています。
従来のような義務教育後の高等教育を施す場としての「高等教育機関」ではなく、社会人が労働や子育てなど社会に参画しながら、高等教育を学ぶことができる場所としての「高等教育機関」を拡充していこうという流れになります。具体的には下記のようなことに取り組むことになります。
・教育プログラムの有効性の向上を目指すための産学共同プログラムの開発促進
・時間的なコスト削減のための短期プログラムの開発促進&放送大学等のオンライン講座の大幅拡充
・金銭的コスト削減のための雇用保険制度等との連携

女性の再就職にも「リカレント教育」が活躍!~驚異的内定率を誇る日本女子大学

日本女子大学では2007年から「リカレント教育課程」を導入。4大卒の女性を対象(年齢不問)に再教育の場を提供している。教育課程は1年間。入学者の平均年齢は38.9歳で、およそ半数が主婦になっています。
具体的には何を学習しているのでしょうか?カリキュラム内容は「英語」、「IT」、「キャリアマネジメント」が必須科目になっています。今の時代「IT」スキルがなければ、再就職は難しい時代だからです。
この実践的なカリキュラムが功を奏し、この日本女子大学の「リカレント教育課程」では希望者はほぼ就職することができるほどの就職率を誇っています。今後リカレント教育がメジャーになるにつれ、日本でも女性の働き方に大きな変化が見えてくると考えられます。

企業が行っている「リカレント教育」

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日、「専門職大学・短大」の制度がスタートしました。職業に直結した「実務」に重きを置く新しい大学です。社会人のリカレント教育(学び直し)の場だけでなく、社会人が経験と知識を活かし「実務家教員」のキャリアを得られる可能性がひろがります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育と聞いて、どのような特徴をイメージしますか?ステレオタイプの帝王学は影を潜め、現在は国際性、お金と付き合う力、ITリテラシーが、富裕層の子弟教育が目指す3本柱です。日本・アメリカ(米国)・中国の富裕層での、子供への教育の共通点や違いを見てみましょう。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部