2018年5月9日 更新

もうモノはいらない!シェアリングエコノミーサービスで車も家もロッカーもシェア

thinkstock (14196)

2018.5.9

シェアリングエコノミーとは

thinkstock (14199)

シェアリングエコノミーという言葉が、近年はとても浸透してきました。

一昔前では、シェアリングエコノミーを知っている人はほとんどいませんでしたが、デジタルデバイスの発達とともに身近な存在になり、ニュースでも見かけることが多くなりました。

シェアリングエコノミーとは、物や場所、そしてサービスなどを他人と共有する社会的な仕組みやサービスのことです。

シェアリングエコノミーのサービス

thinkstock (14191)

次に代表的なシェアリングエコノミーのサービスを紹介しましょう。既に知名度が高く、日本以外では多くの人に利用されているサービスをご紹介します。

Uber(ウーバー)

Uberとは、アプリを通じて車を呼び出す配車サービスです。
2014年から日本でもサービスを展開しています。Uberが便利なのは、自分のいるところや車に乗りたいところを指定し、目的地も事前に指定するため、車内でのやり取りも少なくて済みます。
Uberのドライバーは、ナビやGoogle Mapで迎車場所と目的地まで検索できるので、双方にとってストレスが少ないです。また、料金は事前に価格帯がわかり、距離や混雑具合でUberが自動で計算してくれます。
支払いは、現金でもクレジットカードでも可能なため、とてもフレキシブルです。そのため、日常生活から海外旅行などでも使いやすいサービスということもあり、世界的に普及しました。

Airbnb(エアビーエヌビー)

Airbnbは、宿泊場所をシェアするサービスです。
日本では、Airbnbなどのサービスを総称して、民泊と呼ぶことも多いです。個人や企業で運営しているホテルに滞在するようなイメージが分かりやすいでしょう。
個人運営のため、クオリティもさまざまです。アパートの一室を貸し出している物件もあれば、別荘や戸建をリノベーションして一流ホテルさながらの物件まであります。
滞在日数は、1日〜数ヶ月まで自分で選ぶことができます。ホテルとは違いおもてなしを求めることはできませんが、安価に宿泊したり個性的なその街らしい宿に泊まったりしたいときにオススメのサービスです。
まだまだ知られてはいませんが、JR東日本やメルカリから出資を受け、注目を浴びている日本国内のシェアリングサービスをご紹介します。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部