2018年5月9日 更新

もうモノはいらない!シェアリングエコノミーサービスで車も家もロッカーもシェア

thinkstock (14196)

2018.5.9

シェアリングエコノミーとは

thinkstock (14199)

シェアリングエコノミーという言葉が、近年はとても浸透してきました。

一昔前では、シェアリングエコノミーを知っている人はほとんどいませんでしたが、デジタルデバイスの発達とともに身近な存在になり、ニュースでも見かけることが多くなりました。

シェアリングエコノミーとは、物や場所、そしてサービスなどを他人と共有する社会的な仕組みやサービスのことです。

シェアリングエコノミーのサービス

thinkstock (14191)

次に代表的なシェアリングエコノミーのサービスを紹介しましょう。既に知名度が高く、日本以外では多くの人に利用されているサービスをご紹介します。

Uber(ウーバー)

Uberとは、アプリを通じて車を呼び出す配車サービスです。
2014年から日本でもサービスを展開しています。Uberが便利なのは、自分のいるところや車に乗りたいところを指定し、目的地も事前に指定するため、車内でのやり取りも少なくて済みます。
Uberのドライバーは、ナビやGoogle Mapで迎車場所と目的地まで検索できるので、双方にとってストレスが少ないです。また、料金は事前に価格帯がわかり、距離や混雑具合でUberが自動で計算してくれます。
支払いは、現金でもクレジットカードでも可能なため、とてもフレキシブルです。そのため、日常生活から海外旅行などでも使いやすいサービスということもあり、世界的に普及しました。

Airbnb(エアビーエヌビー)

Airbnbは、宿泊場所をシェアするサービスです。
日本では、Airbnbなどのサービスを総称して、民泊と呼ぶことも多いです。個人や企業で運営しているホテルに滞在するようなイメージが分かりやすいでしょう。
個人運営のため、クオリティもさまざまです。アパートの一室を貸し出している物件もあれば、別荘や戸建をリノベーションして一流ホテルさながらの物件まであります。
滞在日数は、1日〜数ヶ月まで自分で選ぶことができます。ホテルとは違いおもてなしを求めることはできませんが、安価に宿泊したり個性的なその街らしい宿に泊まったりしたいときにオススメのサービスです。
まだまだ知られてはいませんが、JR東日本やメルカリから出資を受け、注目を浴びている日本国内のシェアリングサービスをご紹介します。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部