2018年5月9日 更新

もうモノはいらない!シェアリングエコノミーサービスで車も家もロッカーもシェア

thinkstock (14196)

2018.5.9

シェアリングエコノミーとは

thinkstock (14199)

シェアリングエコノミーという言葉が、近年はとても浸透してきました。

一昔前では、シェアリングエコノミーを知っている人はほとんどいませんでしたが、デジタルデバイスの発達とともに身近な存在になり、ニュースでも見かけることが多くなりました。

シェアリングエコノミーとは、物や場所、そしてサービスなどを他人と共有する社会的な仕組みやサービスのことです。

シェアリングエコノミーのサービス

thinkstock (14191)

次に代表的なシェアリングエコノミーのサービスを紹介しましょう。既に知名度が高く、日本以外では多くの人に利用されているサービスをご紹介します。

Uber(ウーバー)

Uberとは、アプリを通じて車を呼び出す配車サービスです。
2014年から日本でもサービスを展開しています。Uberが便利なのは、自分のいるところや車に乗りたいところを指定し、目的地も事前に指定するため、車内でのやり取りも少なくて済みます。
Uberのドライバーは、ナビやGoogle Mapで迎車場所と目的地まで検索できるので、双方にとってストレスが少ないです。また、料金は事前に価格帯がわかり、距離や混雑具合でUberが自動で計算してくれます。
支払いは、現金でもクレジットカードでも可能なため、とてもフレキシブルです。そのため、日常生活から海外旅行などでも使いやすいサービスということもあり、世界的に普及しました。

Airbnb(エアビーエヌビー)

Airbnbは、宿泊場所をシェアするサービスです。
日本では、Airbnbなどのサービスを総称して、民泊と呼ぶことも多いです。個人や企業で運営しているホテルに滞在するようなイメージが分かりやすいでしょう。
個人運営のため、クオリティもさまざまです。アパートの一室を貸し出している物件もあれば、別荘や戸建をリノベーションして一流ホテルさながらの物件まであります。
滞在日数は、1日〜数ヶ月まで自分で選ぶことができます。ホテルとは違いおもてなしを求めることはできませんが、安価に宿泊したり個性的なその街らしい宿に泊まったりしたいときにオススメのサービスです。
まだまだ知られてはいませんが、JR東日本やメルカリから出資を受け、注目を浴びている日本国内のシェアリングサービスをご紹介します。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

30代から、部下や上司との関わり合いが増え、悩みが増えてきます。人間はより困難な状況で複雑な感情を抱く時ほど、内面に隠す傾向があると精神科医は語ります。悩みを解決するための方法を紹介します。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕や、芸能人の逮捕など、多くの逮捕案件がマスコミで取り上げられています。逮捕まで行かないまでも、警察に出頭を求められる場合も多々あります。 万が一そういう事態になったときには、どうするのが良いのか? 刑事事件に詳しい弁護士に訊きました。
1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

現在の世界長者番付第1位・ジェフ・べソス率いるAmazon。買いたいものがあったらまずAmazonで検索する人は多いでしょう。商品購入だけでなく動画や音楽配信も楽しめ、食品販売もおこなうAmazonは、この度プライム会員費の値上げを発表しましたが、そのサービスのあれこれを調べてみました。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部