2018年5月9日 更新

もうモノはいらない!シェアリングエコノミーサービスで車も家もロッカーもシェア

ecbo cloak(エクボクローク)

街のあらゆる場所をコインロッカーにすることを目指したサービスが、ecbo cloakです。
大きな荷物を持つ観光客をターゲットにしています。駅にあるコインロッカーだけでは観光客にとっては使い勝手がよくないことに着目しており、サービスに登録した飲食店などに荷物を預けることが可能です。
飲食店などには荷物を預かる手数料だけでなく、店舗への集客効果もあり、Win-Winのサービスと言えるでしょう。

シェアリングエコノミーのこれからの可能性

gettyimages (14201)

シェアリングエコノミーには、どのような可能性があるのでしょうか?
シェアリングエコノミーがクリアしなければいけないこととして、法律や規制があります。シェアリングエコノミーのサービスは、法律的にグレーゾーンになっていることが多いです。それぞれの国ごとに違う法律にサービスを上手く組み込めるか、サービスを提供する企業に求められています。
それと同時に、利用者である私たちのシェアリングエコノミーへの理解度を深めていく必要もあるでしょう。
物やサービスをシェアする以上、他人とのトラブルも発生しやすくなります。また、違法なことに使われやすく、さまざまな問題が発生していることも事実です。
サービスの利用者が、他人のことを考えながら利用できるかが問われています。
20世紀のような大量生産大量消費の時代が終わり、21世紀は物質社会から抜け出したシェアする時代になると言われています。
そんな時代だからこそ、シェアリングエコノミーのサービスが普及しているのです。
他者と共有することの意味を考えながら、サービスを利用することができれば、シェアリングエコノミーには多くの可能性があると言えるでしょう。
tokyo.com

tokyo.com

フリーランスとして、ライター、カメラマン、Webディレクター、インテリアコーディネーターとして活動。
ノマドワーカーとして、拠点を移しながら仕事をしています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座