2019年8月16日 更新

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。

gettyimages (44401)

2019.8.16

「対立」は問題を解決する可能性を持っている

gettyimages (44405)

人間が生まれてこのかた、紛争や対立とは無縁であった時代はありませんでした。
それによって、不幸な戦争が行われたことも多々あります。
しかし、不和や対立というネガティブな事象は、ひっくり返せば物事にまつわるさまざまな問題を一挙に解決するという可能性も含んでいます。
そしてそれは、国家や民族などという大きな規模ではなく、職場や家庭でもそれは当てはまるのです。

「あなたの敵を愛せよ」は実現できるか

キリスト教の説教には、「あなたの敵を愛しなさい」とあります。
私たち日本人は、そんなことは最初から無理だと思うのが当たり前。
キリスト教がメジャーな西洋諸国も、「敵を愛する」ことがまったく実践できないまま現在にいたります。
しかし、哲学者のニーチェはこの格言について、敵を愛することによって自身の最良の資質を引き出せるからだと語っています。
まったく気が合わない商談相手や同僚、あるいは上司と、いやでも協力してなにかを成し遂げなくてはならないことは、社会の中では毎日のように発生します。
意見が合わない、あるいは肌合いが異なる人々と、どうすればプロジェクトを完遂できるのでしょうか。

プロジェクトに必要なのは「紛争」ではなく「討論」

gettyimages (44409)

紛争は、相手の意見に耳を傾ける余裕がないために、交渉決裂という結果になる可能性を含んでいます。「戦争」や「離婚」が、そうした決裂の結果といえるでしょう。
いっぽう、「討論」はコラボレーションのためには必須であると語るのは、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。
同じ意見を持つ者同士が一つの目標に向かって進む。
それはまさに理想です。
ところが、そのような理想的なことが起こる確率は、現実には非常に少ないのです
チームやプロジェクトの状況が、一定の条件の下で制御されていれば目的達成は難しくありません。
いっぽう、チーム内のそれぞれの視点や利益に相違があり、コントロールが効かない場合には、平和な話し合いではなく意見を戦わせる討論が有効であるというのが、カヘン氏の主張なのです。

「敵」の存在をメリットに変える

よくよく考えてみると、「敵に塩を送る」とか「昨日の敵は今日の友」などなど、対立する人たちに関する奥の深い格言が、日本にも存在するのです。
世界中のあらゆる紛争にかかわってきたカヘン氏は、一見すれば調和がとれたチームワークは、実はそれほど生産的とはいえないと断言しています。
まさに「雨が降って地が固まる」。
さまざまな問題を乗り越えてこそ、豊かな実りを手に入れることができるというわけですね。

「すべての人は平等」はチーム内では不可能

gettyimages (44414)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子