2018年4月11日 更新

イタリア富裕層が電車の旅に回帰する理由は「パスタが美味しいから」

一時期廃れていたイタリア国鉄の「食堂車」が復活しました。カリスマシェフとの夢のコラボが実現し、時間とお金に余裕のある富裕層も電車の旅に戻りつつあります。

thinkstock (12970)

2018.4.11

食堂車の復活はシンプルな「トマトソースのパスタ」からはじまる

gettyimages (12979)

イタリアの国鉄Trenitaliaは、2008年に車両で調理をして上客に温かい食事を提供するというサービスを廃止しました。廃止後は、パニーノやスナックといったテイクアウトができる軽食のみが販売されてきたのです。
しかし、旅行者にとっては「食堂車」はちょっとしたロマン。かつて、アガサ・クリスティが「オリエント急行殺人事件で」で食堂車を舞台にしたように、ヒッチコック監督が「北北西に進度を取れ」のなかで食堂車内の粋な会話を展開させたように、移りゆく景色を眺めながらの食事は唯一無二のものなのです。
ところが、近年になって「食堂車」の復活を希求したのは、海外から来る観光客ばかりではありませんでした。イタリア国内を特急電車で旅行をする富裕なビジネス層から、「家庭で味わえるようなシンプルな、しかし温かい料理を電車内で食べたい」というリクエストが急増したのです。イタリア人が「家庭で味わえるシンプルな料理」といえば、「トマトソースのパスタ」と決まっています。シンプルなトマトソースの良いところは、余分な化学調味料も、いかにも長期保存に耐えますという味のする肉や野菜を使用する必要がないところです。パスタ、純粋なトマトソース、塩、バジリコ、それにパルミジャーノチーズさえあれば老若男女、ほぼ好き嫌いなくおいしく食べることができる、というのが最大のウリであり、まさにこのメニューがイタリア国鉄の特急「フレッチャロッサ」で復活したのでした。
「トマトソースのパスタ」はまさにイタ飯の真骨頂。シンプルなだけに、シロウトには真似のできないコツがあり、外国人の観光客にも「メイド・イン・イタリー」を実感してもらえるという、まさに一石二鳥か三鳥のメリットを持つメニューというわけです。

特級の「エグゼクティブ・クラス」で提供されるカリスマシェフのメニュー

 (12967)

実は、特級列車「フレッチャロッサ」は2014年、食堂車をテーマにした新たな試みをすでに発動していました。
2013年末、フレッチャロッサのエクゼクティブ・クラスの食事をTrenitaliaとコラボしたのは、現在のイタリアでマッシモ・ボットゥーラ、ニコ・ロミートと並ぶ知名度と実力を誇るカルロ・クラッコでした。
カルロ・クラッコは、季節の食材を使用したメニューを15日毎に更新、長時間座っていることが多い富裕な乗客のために見た目も美しくさらに消化がよいという条件を持つ食事を提供したのです。
クラッコ自身は北イタリアはヴェネト州の出身ですが、メニューはイタリア半島を旅行する乗客のために南北の伝統料理をくまなく網羅して発案したというこだわりよう。
つまり、ピエモンテ州からは「ゴルゴンゾーラとクルミのリゾット」、ロンバルディア州からは「香草入オッソ・ブーコ」、トスカーナ州からは「ポテトとセロリとタコのサラダ」、カラブリア州からは「グリーンピースとムール貝のクリーム」や「カジキマグロのレモンとケッパー風味」といった具合です。
もちろん、これらの料理に合わせたワインが用意されていることは言うまでもありません。
Trenitaliaは、電車の食堂車でこのレベルの食事を味わえるのはまさに美食の国イタリアであればこそ、と鼻高々です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
富裕層が南半球に移住している理由

富裕層が南半球に移住している理由

経済的に豊かであるということは、選択肢が広がることを意味しますが、そんな選択肢を利用して海外に移住する富裕層が増えていることはご存知でしょうか。ではそうした富裕層たちはなぜ自国を離れ、海外に移住するのでしょうか。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜分散編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜分散編〜

200年に渡り資産を築く富裕層は戦術と戦略が徹底されていることを前回お伝えしました。今回は、分散を活かして富裕層はどんな時も資産を増やし守り続けることをお伝えします。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

200年に渡り資産を築く富裕層はリスク管理を徹底していることを前回お伝えしました。今回は、この富裕層はどんな時もある戦術で資産を増やし守り続けることをお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部