2017年10月20日 更新

欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

thinkstock (4567)

2017.9.12
『お金原論』という本の命題は、「お金とは何か」ということ。
「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、人生をもっともっと楽しめるようになるだろう。
これから毎回、『お金原論』の中身を少しずつ伝えていく。すべてが賛同を得られるものであるという確信はない。しかし、生活や人生と切っても切り離せない「お金」というものについて、1人でも多くの人に「お金とは何か」という議論に加わっていただければ幸いである。

欲求を制御するもの

お金はあなたを映す鏡だ。つまり、あなたのお金に対する欲求は、あなたが生きるうえでの欲求そのものを表しているともいえる。
アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されており、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するとして「マズローの欲求5段階説」を発表した。

これをそのままお金に置き換えると次のようになる。

①生活維持欲求

現代社会においては、生きていくためには少なからずお金が必要だ。生命の危険を脅かされないために、最低限の衣食住を確保するためのお金が欲しいという本能的な欲求が根底にある。
thinkstock (4571)

②不安払拭欲求

病気になったり、老後に安心して生活を送ったりするにはある程度度の貯蓄が必要だ。最低限の衣食住が満たせると、こうした「もしも」にも備えておきたいという欲求が出てくる。

③ライフスタイル実現欲求

不安が払拭できたら、多くの人が、より多くのお金を得ることで、欲しいものを自由に買ったり、いつでも好きなところに旅行したりといったライフスタイルを望むようになる。

④自己実現欲求

ライフスタイルが満たされると、「お金のために働く」のではなく、「仕事を通じて自分のやりたいことを実現するために働く」ということに意識が向くようになっていく。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人