2018年11月29日 更新

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。

gettyimages (25186)

2018.11.14
ITを推進する国策は、すでに2000年頃から着手されており、各行政サービスのほとんどが電子手続き可能となっています。電子IDカード・ネットバンク等の普及も顕著で、2011年には+7.6%の経済成長を遂げるなど、着実に発展の道を歩んでいます。
そこで今回は、将来エストニアへ移住してみたいという人のために、実際に暮らす際に必要な生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の生活と何が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ユーロ(EUR)=130円として計算しています)

<この辺りの参照・数値引用などは外務省HPから・・・>
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/estonia/data.html#section1

住宅事情は良好

gettyimages (25193)

移住にオススメな国内の都市は、経済の中心地として発展する首都・タリンや、学問や文化の中心として知られるタルトゥです。どちらの都市も、自然豊かな景色と共に、中世ヨーロッパの町並みが残されていることが大きな魅力となっています。
家賃をワンルームタイプでみると、首都であるタリンの中心地でも1カ月・300ユーロ(約39,000円)程度。郊外やタルトゥの物件であれば、さらに安い値段で契約することも可能です。これから家賃が上昇することも予想されますが、それでもまだ日本の都心部に比べ割安で住むことができます。
1つ注意点をあげるとすれば、冬場の光熱費です。北国のエストニアでは、どうしても暖房の代金が高くついてしまいます。(とは言っても、同緯度の他の国と比べると、暖流のおかげで比較的暖かい傾向にあります) 暖房代は設備や家の構造によって差もあります。気になる場合は、契約前に大家さんや不動産会社などに、おおよその目安を尋ねてみると良いでしょう。
通信費は“IT先進国”ということもあってか、日本よりも安く抑えられます。街へ出ても、市内の至る所に無料WIFIのホットスポットがあり、ボタン1つでインターネットに接続することが可能です。

交通費はほとんどゼロ?

gettyimages (25200)

エストニアの主な公共交通機関は、バスや路面電車です。驚くべきことに、政府は今年の7月から、全国規模で公共交通機関を無償化する施策を進めています。国土全体でこのような無料サービスを推進することは、これまで世界でも前例がなかったことです。
無償化するということは、国や市が予算を負担することを意味しますが、それ以上に、富裕層の消費活動を刺激させる狙いがあるとみられています。加えて、自家用車の利用を減らし大気汚染・温暖化を緩和することも理由の1つです。国土の多くがが森・湖・海に囲まれる北欧諸国は、その地理的背景からも、特に環境に対する意識が高いと言われています。

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部