2018年11月29日 更新

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。

gettyimages (25186)

2018.11.14
ITを推進する国策は、すでに2000年頃から着手されており、各行政サービスのほとんどが電子手続き可能となっています。電子IDカード・ネットバンク等の普及も顕著で、2011年には+7.6%の経済成長を遂げるなど、着実に発展の道を歩んでいます。
そこで今回は、将来エストニアへ移住してみたいという人のために、実際に暮らす際に必要な生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の生活と何が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ユーロ(EUR)=130円として計算しています)

<この辺りの参照・数値引用などは外務省HPから・・・>
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/estonia/data.html#section1

住宅事情は良好

gettyimages (25193)

移住にオススメな国内の都市は、経済の中心地として発展する首都・タリンや、学問や文化の中心として知られるタルトゥです。どちらの都市も、自然豊かな景色と共に、中世ヨーロッパの町並みが残されていることが大きな魅力となっています。
家賃をワンルームタイプでみると、首都であるタリンの中心地でも1カ月・300ユーロ(約39,000円)程度。郊外やタルトゥの物件であれば、さらに安い値段で契約することも可能です。これから家賃が上昇することも予想されますが、それでもまだ日本の都心部に比べ割安で住むことができます。
1つ注意点をあげるとすれば、冬場の光熱費です。北国のエストニアでは、どうしても暖房の代金が高くついてしまいます。(とは言っても、同緯度の他の国と比べると、暖流のおかげで比較的暖かい傾向にあります) 暖房代は設備や家の構造によって差もあります。気になる場合は、契約前に大家さんや不動産会社などに、おおよその目安を尋ねてみると良いでしょう。
通信費は“IT先進国”ということもあってか、日本よりも安く抑えられます。街へ出ても、市内の至る所に無料WIFIのホットスポットがあり、ボタン1つでインターネットに接続することが可能です。

交通費はほとんどゼロ?

gettyimages (25200)

エストニアの主な公共交通機関は、バスや路面電車です。驚くべきことに、政府は今年の7月から、全国規模で公共交通機関を無償化する施策を進めています。国土全体でこのような無料サービスを推進することは、これまで世界でも前例がなかったことです。
無償化するということは、国や市が予算を負担することを意味しますが、それ以上に、富裕層の消費活動を刺激させる狙いがあるとみられています。加えて、自家用車の利用を減らし大気汚染・温暖化を緩和することも理由の1つです。国土の多くがが森・湖・海に囲まれる北欧諸国は、その地理的背景からも、特に環境に対する意識が高いと言われています。

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部