2017年12月20日 更新

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

それは、私たちの潜在意識の中に「人は経済状況に見合ったお金との付き合い方をするべき」という思考があるからである。「月8万円の生活費の中でやりくりするには100円ショップが適切」という意識が、同時に、「年収1億円の中であればもっと高い消費を行うのが当然」という意識を生むのである。
thinkstock (7351)

これとは逆の現象もある。
一流のプロスポーツ選手がポルシェに乗っているのは、それほど違和感がない。しかし、社会人になりたての20代の若者がポルシェに乗っていたらどうだろうか。
スポーツ選手がポルシェに乗っている姿を見ると私たちはこう思う。「並大抵ではない努力をしてきて今の地位を獲得したのだから、ポルシェに乗るくらい当然だ」と。一方で20代の若者に対してはこう思う。「まだ稼ぎも少ないのに、ポルシェに乗るなんて早すぎる」と。
この場合も、「ポルシェを買う」という消費行動そのものは同じ。違うのは、2人の経済状況だ。
一流、つまり高い年俸を稼いでいるスポーツ選手であれば、ポルシェを買うのは正しい消費行動だと多くの人が感じる。だが、収入が少ないであろう若者がそれと同じ消費行動をとると、金銭感覚に問題があるように映ってしまうのである。
こうしたズレや違和感こそが、お金の教養STAGEの考え方の原点なのである。
(『お金原論』170〜172ページより転載)
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界の見え方はSTAGEごとに違う~『お金原論』[第12回]〜

世界の見え方はSTAGEごとに違う~『お金原論』[第12回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人