2018年5月7日 更新

10年間でたった1000時間——日本人の英語学習が非効率的なワケ

英語を勉強しているのにいつまでも上達しない——その原因は、中高時代に慣れ親しんだ非効率的な英語学習法かもしれません。成果を上げている英語学習法の特徴は、音読による大量で丁寧なインプット。英語学習の常識を見直し、今年こそ使える英語を習得しませんか。

thinkstock (14079)

2018.5.7

日本人は10年間で1000時間しか英語を勉強していない?!

thinkstock (14076)

日本人の多くは中学3年間・高校3年間、大学4年間も含めれば10年間の英語学習をしています。ところが、実際にそれで使える英語が身についたかと言えば、常に疑問符がついてまわる現状。多くの英文を読んだし、リスニングや会話の授業もあったのに、なぜこれほど「英語ができない」のでしょうか。

高校時代を振り返ってみてください。文法、読解、オーラルコミュニケーションでそれぞれ1時間ずつの授業が毎週あった場合、1週間の英語の授業は合計3時間。窓の外を見たり内職をしたり、居眠りしたりという、注意力散漫な時間を差し引いて実質的に週に2時間の英語学習をしていたとすると、10年間やっても1040時間しか勉強していないという衝撃的な数字が出てきます。

中高で行われてきた従来の英語学習法

thinkstock (14081)

どのような英語の勉強をしてきたかも重要です。文法を難解な文法用語と共に学び、長文読解では単語を1つ1つ調べながら1文ずつ和訳していく授業スタイル。受験期になると突然2ページにわたる英語長文の趣旨を読み取って設問に答えろと言われます。
単語学習では入試用英単語集をめくり、英単語と日本語を突き合わせて覚えていくスタイルが多いでしょう。「単語は例文の中で覚えろ」と言われたことのある人もいるでしょうが、例文を暗記するなんて大変。単語をピンポイントで暗記するほうがラクなため、多くは文脈から切り離した単語学習を行っています。
そんな勉強法ですが、英語でエッセイを書いたり、英語で会話をしたりする時間はほとんどありません。入試問題にリスニングはありますが、お世辞にもネイティブスピードとは言えないゆっくりペース。
どうしてこれで、ナチュラルスピードでの英語のコミュニケーションが可能になるでしょう。

使える英語の習得に必要な時間と方法

thinkstock (14084)

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』(KADOKAWA、2014年)の著者、齋藤兼司氏によれば、ネイティブの赤ちゃんが母語を習得するのに9000時間のリスニングをこなしているとか。
非ネイティブの大人の場合、3歳レベルの英語が使えるようになるまでに1000時間〜1500時間の学習が必要で、さらに実際の会話で使える英語が口から出てくるまでに最低1000時間の会話練習(セルフトーキング等)が必要だと言われています。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育と聞いて、どのような特徴をイメージしますか?ステレオタイプの帝王学は影を潜め、現在は国際性、お金と付き合う力、ITリテラシーが、富裕層の子弟教育が目指す3本柱です。日本・アメリカ(米国)・中国の富裕層での、子供への教育の共通点や違いを見てみましょう。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。
親の責任は何歳まで?! お金の教育はできるだけ早いうちに

親の責任は何歳まで?! お金の教育はできるだけ早いうちに

1月14日は成人の日ですね。成人される方々、お子様が成人されるという方々、おめでとうございます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部