2019年6月7日 更新

お金持ちになれる人のお金の使い方には特徴がある

お金持ちになれる人とそうでない人は、稼ぎ方や貯め方だけではなくお金の使い方に違いがあります。お金持ちは小さな出費から大きな出費まで自分なりのポリシーに基づいて決断しています。今回はお金持ちが実践している3つのお金の使い方をご紹介します。

2019.6.7

お金持ちがお金を使う時は投資感覚を持って使う

お金持ちはお金をニーズや欲求を満たすための「消費」ではなく、リターンを予想した「投資感覚」でお金を使います。投資というと株の運用や不動産投資、保険などの金融商品の購入を思い浮かべるかもしれませんが、日々の出費も使い方によっては投資になります。
例えば、5,000円払って飲み会に行く場合、上司の愚痴を言いあったり、近況報告したりしてその場ではストレス発散になるかもしれません。しかし、本当は行きたくない飲み会に「誘われたから」という理由だけで行くのなら、もっと投資効果の高い使い道はないのかを考えてみる必要があります。
経済評論家の加谷珪一もお金持ちはお金の使い方に特徴があると述べており、上記の場合では「ストレス発散のためなら気の進まない飲み会に参加するよりもディズニーランドに行ったほうが投資効果が高いのでは」と話しています。
ディズニーランドは遊ぶために行く場所ですが、ストレス発散という目的があっていく場合はリターンを予測した「投資」になります。

スキルアップにつながるものに投資する

お金持ちが投資感覚でお金を使うもののひとつに、スキルアップにつながるセミナーや書籍などが挙げられます。自分の興味あることや仕事のキャリアアップにつながる分野、投資などの知識・スキルは将来的に自分を助けてくれるものです。何にお金を使えば投資になるのか分からないという人は、自分のキャリアアップにつながるものにお金を使うのがおすすめです。
例えば、毎日惰性で買い続けているコンビニのお菓子やコーヒー代を、セミナーや書籍代に当てるだけでも後々のリターンを意識した「投資感覚」のお金の使い方ができます。浪費とも呼べる無駄な出費があるなら、少しずつスキルアップのための投資に回していきましょう。

お金持ちはマイホームを所有する感覚を持っていない

親や知り合いにすすめられて、いつかはマイホームを持つことが当たり前と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、お金持ちはマイホームを所有するという感覚を持っていません。なぜなら、マイホームは資産ではなく負債と考えているからです。

マイホームは資産ではなく負債

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

莫大な資産を持つお金持ちほど、実は生活は地味なものです。しかしこれは、無意味に節約をしたりお金を出し惜しんだりしているわけではありません。そこにどのような理由があるのかを知ることで、お金持ちになる秘訣がわかるかもしれません。
幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。
お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部