2019年3月7日 更新

職場で好かれる「あの人」の特徴は?

どんな職場にもいる「好かれる人」と「嫌われる人」。そこには一体どんな特徴があるのでしょうか?できれば職場で気持ちよく仕事をするためにも、押さえておきたい「好かれる人」の特徴について、5つご紹介します。

gettyimages (32735)

2019.3.7
職場では多くの人と接する機会があります。できれば職場のスタッフとうまくコミュニケーションをとり、いい仕事がしたいもの。そのためには相手を嫌な気持ちにさせないコツが重要です。今回は、職場で好かれる人の特徴を5つピックアップしてご紹介します。

明るく話しかけやすい雰囲気

gettyimages (32712)

どれだけ仕事ができる人でも、相手にとって印象が悪い人であればなかなか打ち解けにくいもの。仕事では能力・実績などのスキルも重要ですが、接しやすい人柄なども重要な要素のひとつです。

職場で好かれる人は、穏やかで明るく、話しかけやすい雰囲気を持っています。話しかけやすそうだと感じれば、自然と接する機会も増えて周りに人が集まってくるでしょう。好かれる人の周りは、気づくといつも人がいっぱい…ということも。
話しかけやすい雰囲気とともに、表情は穏やかな笑顔を作っている場合が多いです。たとえばいつも硬い表情でカリカリしている人だと、どれだけ仕事が完璧でもまわりに人は集まってきません。性格や特質もあるでしょうが、明るい雰囲気や表情は、職場で好かれる人の大きな特徴です。

誰に対しても公平で誠実な対応

gettyimages (32716)

職場では誠実な対応が求められます。職場であまり好かれない人によくいるのが、「人によって態度が変わる人」。特に上司など目上の人に対しては真面目で好印象を持ってもらえるように努力し、部下などに対しては不機嫌な態度をとる人もいるものです。

職場で好かれる人は、どんな立場の相手に対しても、常に公平で態度を変えることなく、誠実な対応をしています。こうした態度は職場で多くの人が目にし、自然と職場での評価も高まっていくでしょう。
人によって態度が変わる人のなかには、うわさ話や悪口が大好きな人も。その場では話にあいづちを打っている相手も、悪口などをいう人に対していい印象は持ちません。悪口などはいわず、真摯に仕事に向かっている人は職場でも好かれることでしょう。

必要なときにははっきりと発言できる強さ

Adult Laptop Computer - Free photo on Pixabay (32720)

人に好かれるというのは、決して相手の言いなりになることではありません。職場で好かれる人は、自分の意思をはっきりと持っています。必要なときに必要なことを発言できる心の強さがあるのです。

たとえば会議・ミーティングなど、多くのスタッフが発言しにくい・自信がない・嫌われるといったことでも、「スタッフや企業にとってメリットがあることならば」しっかりと発言します。
内容についても、批判・批評などに終始せず、関係者への気配りを欠かさない言葉を使って表現するのもポイントです。自然とできることはありませんが、さまざまな方向へ心を向けることができるのも、職場で好かれる人の特徴といえます。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。
出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音