2019年3月7日 更新

職場で好かれる「あの人」の特徴は?

どんな職場にもいる「好かれる人」と「嫌われる人」。そこには一体どんな特徴があるのでしょうか?できれば職場で気持ちよく仕事をするためにも、押さえておきたい「好かれる人」の特徴について、5つご紹介します。

gettyimages (32735)

2019.3.7
職場では多くの人と接する機会があります。できれば職場のスタッフとうまくコミュニケーションをとり、いい仕事がしたいもの。そのためには相手を嫌な気持ちにさせないコツが重要です。今回は、職場で好かれる人の特徴を5つピックアップしてご紹介します。

明るく話しかけやすい雰囲気

gettyimages (32712)

どれだけ仕事ができる人でも、相手にとって印象が悪い人であればなかなか打ち解けにくいもの。仕事では能力・実績などのスキルも重要ですが、接しやすい人柄なども重要な要素のひとつです。

職場で好かれる人は、穏やかで明るく、話しかけやすい雰囲気を持っています。話しかけやすそうだと感じれば、自然と接する機会も増えて周りに人が集まってくるでしょう。好かれる人の周りは、気づくといつも人がいっぱい…ということも。
話しかけやすい雰囲気とともに、表情は穏やかな笑顔を作っている場合が多いです。たとえばいつも硬い表情でカリカリしている人だと、どれだけ仕事が完璧でもまわりに人は集まってきません。性格や特質もあるでしょうが、明るい雰囲気や表情は、職場で好かれる人の大きな特徴です。

誰に対しても公平で誠実な対応

gettyimages (32716)

職場では誠実な対応が求められます。職場であまり好かれない人によくいるのが、「人によって態度が変わる人」。特に上司など目上の人に対しては真面目で好印象を持ってもらえるように努力し、部下などに対しては不機嫌な態度をとる人もいるものです。

職場で好かれる人は、どんな立場の相手に対しても、常に公平で態度を変えることなく、誠実な対応をしています。こうした態度は職場で多くの人が目にし、自然と職場での評価も高まっていくでしょう。
人によって態度が変わる人のなかには、うわさ話や悪口が大好きな人も。その場では話にあいづちを打っている相手も、悪口などをいう人に対していい印象は持ちません。悪口などはいわず、真摯に仕事に向かっている人は職場でも好かれることでしょう。

必要なときにははっきりと発言できる強さ

Adult Laptop Computer - Free photo on Pixabay (32720)

人に好かれるというのは、決して相手の言いなりになることではありません。職場で好かれる人は、自分の意思をはっきりと持っています。必要なときに必要なことを発言できる心の強さがあるのです。

たとえば会議・ミーティングなど、多くのスタッフが発言しにくい・自信がない・嫌われるといったことでも、「スタッフや企業にとってメリットがあることならば」しっかりと発言します。
内容についても、批判・批評などに終始せず、関係者への気配りを欠かさない言葉を使って表現するのもポイントです。自然とできることはありませんが、さまざまな方向へ心を向けることができるのも、職場で好かれる人の特徴といえます。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。
リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラルとは「紹介」を意味し、リファラル採用とは「人材会社を介さず、社員に紹介してもらった人で採用活動をすること」を指します。特筆すべきは、紹介者の社員へのインセンティブ以外の費用はほぼ発生しないことですが、リファラル採用には他にもメリットがあります。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音