2019年3月16日 更新

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。

米国が世界の債務バブルを後押ししている

保有資産縮小に関しても、その凍結が2019年に早まると見られています。パウエル議長は9000億ドルから最大で4兆5,000億ドルまで膨らんだ保有資産の規模を、2021~2022年までに2兆5,000億~3兆ドルまで減らすとしていましたが、今では3兆5,000億ドルで資産縮小を止めるプランが有力となっているのです。

その結果として、金融危機後の緩和策に伴い蓄積してきた債務リスクは、解消の目処が立たなくなってきています。米国ではジャンク債の発行が昨年12月にはゼロだったのですが、今年に入って低格付け企業や新興国による資金調達が再び活発化しているのです。金融政策の正常化が想定以上に遅れれば、企業や新興国の債務削減は一向に進まず、債務バブルの崩壊を後押しする不確実性を高めてしまうというわけです。

世界で債務が膨らみ続け、大不況に陥る可能性も

国際金融協会の調査によれば、世界の債務総額は2018年末時点で247兆ドルとなり、世界のGDP総額の3.2倍に膨らんでいるといいます。これまでの経済的な常識では、財政赤字は景気の回復局面に減少していたはずなのですが、今の景気回復では米国や日本、主要な新興国などが財政赤字を膨らませているという異常な状況にあります。

米国の景気が大幅に減速したら、トランプ政権は財政赤字の拡大を無視して、大型の追加減税に突き進むこともありえます。景気後退や株価下落に怯えるFRBは、米国の景気が大幅に減速したら金融引き締めをやめるどころか、十分な緩和余地がないにもかかわらず、市場の催促から緩和に舵を切ることになるかもしれません。

今のところ、世界的な経済危機や金融危機の再来の兆しはないといえますが、中国と米国の目先を重視する経済金融政策によって、危機に陥る原因となる債務が拡大しているのは間違いがありません。危機の芽は、ある日突然、吹き出します。次に来る世界的な不況が本来の普通の不況ではなく、債務バブルの崩壊による大不況になる可能性を、あたまの片隅に入れておく必要はあると思います。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。

http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

根拠ある銘柄選びで受講生の7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
経済 |
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |
世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部