2018年1月4日 更新

あなたの常識が非常識に?モチベーションに頼らない目標達成

初めてチームリーダーになって悩む問題の一つがチームのモチベーション維持。変化しやすいモチベーションに頼ってばかりいると非生産的な時間が増えていきます。

thinkstock (8616)

2018.1.4
まずは業務の習慣化に注目。「仕組み」と「小さな習慣」で生産性の高い時間を増やしましょう。

「モチベーション」は感情であるがゆえに頼れない

thinkstock (8618)

チームリーダーに初めて抜擢されたら、どうやってチームをまとめて生産性を上げていくか頭を抱えてしまうかもしれません。まず目的・目標・優先事項・スケジュールの共有はもちろんのこと、メンバーの性格に合わせたタスクの割り振りや問題解決への助言、具体的な方針決定の能力が必要とされます。そして何より、チームのモチベーションに気を配る必要もある――メンバーのモチベーションが高いとチーム全体の生産性も高くなると言われているからです。ところが実際は、そのモチベーション維持こそが至難の業なのです。
2013年に出版されてから世界で絶賛されたスティーヴン・ガイズの『小さな習慣』は、モチベーションは感情であり、感情であるがゆえに安定しないものだと指摘。モチベーションの効用は認めるものの、モチベーションアップや維持にこだわると「モチベーションがないと何もできない」と考え、怠け癖がつくと警鐘を鳴らします
心理学者であるポール・J・シルヴィアも著書『できる研究者の論文生産術』で、さまざまなことを言い訳にして執筆を後回しにし、気の向いたとき(やる気が出たとき)に一気に執筆するのは非生産的な方法だと批判しました。その生産性の低さは、1990年にボイスが報告した実験結果でも実証されています。

決断力や自制心は消耗される

thinkstock (8649)

誰もが「やる気はない。でもやらねばならない」という状況で業務に着手した経験はあるはず。
そうしたモチベーションの低い時に力を発揮するのが意志です。ところが、意志の力は無限ではありません。1日の中で難しい決断をした場合、その決断の後は自制心が低下しやすくなるのです。
心理学では「自我消耗」という言葉で知られています。
自我消耗の原因トップ5は、努力・困難の自覚・否定的感情・主観的な疲れ・血糖値。もしチームリーダーであるあなたが、メンバーの状態をあまり考慮せずに「がんばれ」「やる気を出せ」と叱咤激励し続ければ、それに従おうとする「努力」や反発する「否定的感情」で意志の力はどんどん消耗されていってしまうのです。
来たるべき決断やより難しいタスクのために自我消耗はなるべく避けたい――そこでガイズは、「小さな習慣(mini habits)」を提案しました。

気分に左右されないための第一歩

thinkstock (8646)

「小さな習慣」とは、絶対失敗しない、ばかばかしいほどに小さなステップで構成されます。その小ささは、「腕立て伏せ1回」「執筆50ワード」「読書2ページ」というレベル。チーム内のタスクでいえば、「電話1件」「レポート100字」「資料読み2ページ」といったあたりでしょうか。
「こんな小さな目標で、1日に必要な業務がこなせるわけがない」と批判されるのは想像に難くありませんが、実際にやってみると目標を上回る「おまけ」がついてくることが多いのも「小さな習慣」の特徴。つまり、「資料読み2ページ」が「10ページ」まで増えたり、「レポート100字」が「2000字」まで増えたりすることが多いのです。
これがなぜ自我消耗の原因を避けられるかというと、「小さな習慣」には以下のような特徴があるからです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。
SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

近年、AI技術のめざましい発展で生産性の更なる向上やライフスタイルの変化が生じています。その一方で、人々が機械を体内に埋め込み様々な機能を獲得するという人間のサイボーグ化が起きています。今回は、サイボーグの現実と今後生じうる問題について考えます。
常識を覆す[役職を上げればいいじゃない]

常識を覆す[役職を上げればいいじゃない]

会社員は自分の努力で収入をアップさせることが難しいと言われます。 ブラック企業と言われないためにも企業は残業削減に取り組み、また「みなし」残業制度を採用する企業も増えているため、残業で収入を増やそうとする「残業族」も絶滅寸前です。
あなたの常識が非常識に?マルチタスクはもういらない

あなたの常識が非常識に?マルチタスクはもういらない

人生の目標達成のために生産性を向上させる̶̶そのためにマルチタスクは有効だと考えられてきました。しかし、シングルタスクの傾向も強まっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座