2018年10月5日 更新

ビジネスのここ1番で勝つ!坂本龍馬に学ぶ交渉術

天下の徳川御三家から多額の賠償金を勝ち取った坂本龍馬。権威を武器に理不尽に振るまう相手に龍馬はどのように行動し、何を考えて相手に罪を認めさせたのか。 常識はずれな交渉力からいろは丸事件から龍馬の持つ交渉術を解析します。

gettyimages (22711)

2018.10.5

類まれなる行動力と交渉術で御三家から勝訴した「いろは丸事件」

幕末風雲児のひとり坂本龍馬。類まれなる行動力と交渉術を用いて、幕末の混乱の時代に、数多くの功績を残しました。大きな功績の1つに、御三家から勝訴した「いろは丸事件」があります。
いろは丸とは、龍馬が率いる海援隊が伊予国大洲藩から借り受けていた西洋式の蒸気船のことです。海援隊が大須藩からいろは丸で瀬戸内海を航海中に、紀州藩の所有する大型の蒸気機関船とぶつかってしまい、いろは丸は沈没してしまいます。
いろは丸は大洲藩からレンタルしているものですから、沈没した船の弁償をしなければなりません。しかし、紀州藩は当時徳川将軍の次ぐ権力を持っており、船長と賠償の問題を話しようにも、浪人の集まりの代表である坂本龍馬の話を聞こうともしません。
それどころかわずかな金銭のみで話を解決しようとして、そのまま長崎へと出発してしまうのでした。
浪人集団だと相手を見下し対等な話し合いに応じない紀州藩相手になぜ坂本龍馬は賠償金を勝ち取る事が出来たのか?
ここに坂本龍馬の類まれなる交渉術が隠されています。

いろは丸事件から学ぶ理不尽な相手との交渉術

gettyimages (22716)

① 相手に有利な条件はきっぱりと断れ!

紀州藩の船長は話し合いを終える前に長崎へ逃げてしまうのですが、長崎出立前に激昂する坂本龍馬に賠償金として千両程度の示談金を渡そうとしてきました。
この時、坂本龍馬は賠償金の受け取りをあえて拒否しています。
沈没したいろは丸の損害金は少なくとも4万両はかかるものであったため、千両程度では当然納得できるものではありません。
それどころか坂本龍馬は、逆に当座の資金として1万両だけを置いていくように紀州藩の船長に要求したといいます。
相手の条件に納得がいかない場合は、きっぱりと断る態度が必要です。

② 自分に有利な状況に相手を引き込め!

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」にもデメリットはあります。旧来の「支配型リーダーシップ」のアンチテーゼとして、昨今注目を集める「サーバントリーダーシップ」ですが、使用方法を誤ると逆効果にもなります。「サーバントリーダーシップ」のメリット・デメリットを理解し、有効な使い方を考えます。
仕事で成功するために「デザイン思考」が大きく関係する理由

仕事で成功するために「デザイン思考」が大きく関係する理由

ビジネスの場でよく目にする「デザイン思考」。しかし、ビジネスにおいてどのように役立つのか、いまいちわからないという方も少なくないでしょう。今回は仕事に取り組む姿勢そのものを変える、デザイン思考について説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部