2018年10月5日 更新

ビジネスのここ1番で勝つ!坂本龍馬に学ぶ交渉術

天下の徳川御三家から多額の賠償金を勝ち取った坂本龍馬。権威を武器に理不尽に振るまう相手に龍馬はどのように行動し、何を考えて相手に罪を認めさせたのか。 常識はずれな交渉力からいろは丸事件から龍馬の持つ交渉術を解析します。

gettyimages (22711)

2018.10.5

類まれなる行動力と交渉術で御三家から勝訴した「いろは丸事件」

幕末風雲児のひとり坂本龍馬。類まれなる行動力と交渉術を用いて、幕末の混乱の時代に、数多くの功績を残しました。大きな功績の1つに、御三家から勝訴した「いろは丸事件」があります。
いろは丸とは、龍馬が率いる海援隊が伊予国大洲藩から借り受けていた西洋式の蒸気船のことです。海援隊が大須藩からいろは丸で瀬戸内海を航海中に、紀州藩の所有する大型の蒸気機関船とぶつかってしまい、いろは丸は沈没してしまいます。
いろは丸は大洲藩からレンタルしているものですから、沈没した船の弁償をしなければなりません。しかし、紀州藩は当時徳川将軍の次ぐ権力を持っており、船長と賠償の問題を話しようにも、浪人の集まりの代表である坂本龍馬の話を聞こうともしません。
それどころかわずかな金銭のみで話を解決しようとして、そのまま長崎へと出発してしまうのでした。
浪人集団だと相手を見下し対等な話し合いに応じない紀州藩相手になぜ坂本龍馬は賠償金を勝ち取る事が出来たのか?
ここに坂本龍馬の類まれなる交渉術が隠されています。

いろは丸事件から学ぶ理不尽な相手との交渉術

gettyimages (22716)

① 相手に有利な条件はきっぱりと断れ!

紀州藩の船長は話し合いを終える前に長崎へ逃げてしまうのですが、長崎出立前に激昂する坂本龍馬に賠償金として千両程度の示談金を渡そうとしてきました。
この時、坂本龍馬は賠償金の受け取りをあえて拒否しています。
沈没したいろは丸の損害金は少なくとも4万両はかかるものであったため、千両程度では当然納得できるものではありません。
それどころか坂本龍馬は、逆に当座の資金として1万両だけを置いていくように紀州藩の船長に要求したといいます。
相手の条件に納得がいかない場合は、きっぱりと断る態度が必要です。

② 自分に有利な状況に相手を引き込め!

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部