2020年1月16日 更新

新しいことを習慣化する5つのコツ|必要な期間はたった66日?

生活の中のちょっとした繰返しである「習慣」は時に人生を左右することも。それならば、良い習慣を身につけたいものです。ある研究で約66日で新たな習慣が身につくという結果が出ています。今回は習慣化する5つのコツや、メリットが多い習慣について紹介します。

gettyimages (51752)

2020.1.16

習慣化するために必要な期間は?66日が平均目安

「エクササイズを続けたい」など、ポジティブな習慣を身につけたいと思いながらも、なかなか思うようにいかないものです。しかし、どのくらい続ければ、習慣として自然に行動できるようになるのか、目安を知ることで頑張れるような気がしませんか。
ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士は学術誌「European Journal of Social Psychology」に掲載した「How are habits formed」という研究論文の中で、ある行動が習慣として身につくようになるまでは18日から254日かかる。それは人によって、また、その行動の特質によっても変わるが、平均して約66日が目安になると述べています。
gettyimages (51749)

新しいことを習慣化する5つのコツ

どうやって新しいことを習慣化するかにについては、様々な情報があります。2018年出版のニューヨーク・タイムズベストセラー『Atomic Habits』の著者ジェームズ・クリア氏は、自身のウェブサイトで、新しい習慣を身につけるコツについて、著書から要約しわかりやすく5段階に分けて説明しています。

1.大げさなやる気を奮い起こさなくても簡単に始められるようにする。

例えば、腕立て伏せ50回と決めずに、5回から始めてみる。
(要は腕立て伏せをする習慣をまずはつける)

2.毎日少しづつ進歩させていく。

腕立て伏せを毎日繰かえしているうちに体が慣れて楽になる(進歩)。
5回が楽なら6回にしてみる。

3.続けるのが苦にならない程度にその行動を分割してみる。

腕立て伏せ50回を続けるためには5回づつ10回に分けた方が苦にならない。

4.完璧を求めない。

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

草花が日に日に色づき、頃は春。春の展覧会開幕シーズンです。 ・・・と明るく始めたいところですが、今年に限っては、“陽気に誘われて外出”もままならなくなってしまいましたね。こんな機を利用して、今回は春以降開催予定の美術展情報を例に、美術展情報の「基本用語」見直してみましょう。
本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

気軽に外出できない状況が続いています。せっかくなので、家で過ごす時間を溜まりすぎたモノを、捨てる作業に当ててみるのも良いのかもしれません。 ドミニック・ローホー著『捨てる贅沢』 より、捨てることで心がラクになる考え方をご紹介します。
ボランティア活動を通じた異業種交流によって、良い人脈は得られるか?

ボランティア活動を通じた異業種交流によって、良い人脈は得られるか?

パーティ形式の異業種交流会とは別に、ボランティア活動への参加を通じた異業種交流会も行われています。「一期一会」ではなく、価値観が近い人と長い時間活動、接触することで、お互いの人間性がわかって交流が深まり、貴重な人脈が築ける可能性が高まります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン