2019年7月5日 更新

リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラルとは「紹介」を意味し、リファラル採用とは「人材会社を介さず、社員に紹介してもらった人で採用活動をすること」を指します。特筆すべきは、紹介者の社員へのインセンティブ以外の費用はほぼ発生しないことですが、リファラル採用には他にもメリットがあります。

2019.7.5

リファラル採用と“コネ入社”は違う?

通常、企業の新規採用には人材系の外部サービスなどを使いますが、その場合、採用した人材の年収の20~30%ほどの費用を、成功報酬として支払わなければいけません。つまり、年収700万円の人を新規採用すると140万円以上の成功報酬の支払いが発生するのです。

リファラル採用の場合、紹介者である社員へのインセンティブ支払いは発生しますが、はるかに安いのですから、リファラル採用は人事担当者や経営者としては無視できない制度ではないでしょうか。
リクルートワークス研究所によると、アメリカでは2012年時点で、既にリファラル採用が社外採用全体の28%を占めていました。また、2018年に同研究所が国内人事部対象におこなった調査では、「リファラル採⽤の制度がある企業の割合は7割以上」という結果が出ており、予想以上に活用されていることが分かります。
「リファラルなんてコネ入社と一緒」という誤解もまだ残っているのも事実です。しかし、リファラル採用はコネ入社とはまったく異なります。コネ入社には正攻法ではない採用というイメージがありますが、その背景には、役員など権限を持った社員が採用基準に見合わない親類縁者を、特権を利用して採用させたケースが相次いだことがあります。「縁故採用者」はワケありというレッテルが貼られがちですが、リファラル採用者は、活躍度や定着度が高いという評価を生みつつあるのです。

リファラル採用のメリットとは?

現在、リファラル採用を積極的におこなっている業界といえば、サイバーエージェントをはじめとするIT系です。また、銀行や損保などの金融系、電気・ガスなどエネルギー系のデジタル部門や子会社も、多くがこの手法を採用しています。AI(人工知能)などの先端技術を扱うデジタル人材は、ITベンチャーだけでなく製造業や金融業でも希少なため、エンジニアがエンジニアを紹介・推薦するリファラル採用は重要な採用窓口です。
このように、リファラル採用には採用コスト低減もさることながら、「ポテンシャル人材の発掘」という大きなメリットがあります。企業が求める人材には、常に転職マーケットで出会える訳ではないからです。大手企業の中でも特にGoogleは、高い技術を持った「ポテンシャル人材」と出会うために、リファラル採用制度を設け強化しているのです。
リファラル人材のメリットには、他にも
「カルチャーフィットする人材と出会える」
「従業員の満足度の指標になる」
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。
仕事ができる人できない人の差は考え方?空間軸と時間軸を意識する

仕事ができる人できない人の差は考え方?空間軸と時間軸を意識する

仕事ができる人/できない人の違いは、突き詰めれば1つしかありません。それは、「考え方(物事の捉え方)」の違いです。考え方のキーワードは、「空間軸」と「時間軸」です。あなたの周りにもいる仕事ができる人の考え方を、ここで身に付けてしまいましょう。
小学生の英語、プログラミング教育導入で「学童保育」にビジネスチャンスあり

小学生の英語、プログラミング教育導入で「学童保育」にビジネスチャンスあり

放課後の「学童保育」は少子化に逆行して施設数も児童数も増え続けています。2020年4月に実施される小学校の新学習指導要領の目玉は「英語」と「プログラミング」ですが、「英語で預かる学童保育施設」が次々にできるなど、まさにビジネスチャンス到来です。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部