2019年6月10日 更新

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。

gettyimages (39795)

2019.6.10
サッカーW杯が史上初めてアフリカ大陸で開催されたのも南アフリカで、以降日本からの渡航者も増加しています。実際に行ってみると、日本のような四季があり、平均気温も大きな差がないことに驚く人も多くいます。
そんな南アフリカでいつか暮らしてみたいと思った人のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ランド(ZAR)=8円として計算しています)

南アフリカの家賃相場は?

gettyimages (39798)

移住先として人気なのは、立法の首都であるケープタウンと経済都市のヨハネスブルクです。中心地の場合の家賃は1ベッドルームのアパートで月・6,000ランド(約48,000円)前後、郊外の場合は月・5,000ランド(約40,000円)前後が相場となっています。
他にも、月・10,000ランド(約80,000円)以上の東京並みの家賃の物件も多く見当たりますが、プールやテニスコートが付いていることなどを考えると、割安だと言えるでしょう。南アフリカには、日本と違い、賃貸でも一軒家式の住居や、コンプレックスという敷地内に複数の一軒家が集合する住居が多いことが特徴です。
南アフリカで物件を探す場合は、セキュリティ事情もしっかりチェックすることが大切です。現地の日本人の多くは、家の周りにエレクトリックフェンス(電流鉄線)やガードマンを配置しています。また、開閉ゲートが完備されており、家の中まで車で安全に移動できる物件が理想とされています。
エリアによっては貧富の差が大きく、犯罪に巻き込まれる恐れがあるため、外出する時間帯や場所については十分注意しましょう。
ちなみに…2つの都市を比べると、ケープタウンの方が治安が良い傾向にあります。特にロングストリートは観光客にも人気の場所で、夜でも気軽にバーやレストランに出入りすることができます。

肉とワイン好きにはたまらない国?

gettyimages (39802)

大陸で唯一G20にも名を連ねている南アフリカ。物価は、周辺諸国に比べて年々高くなっていますが、日本と比べるとまだ安いと言えます。昨今の市民の生活はスーパーマーケットが支えており、日本のコンビニと同じような役割も担っています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。
「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

アメリカ屈指の人気スポット・西海岸のロサンゼルスやシアトルに程近く、オレゴン州最大の都市であるポートランド。近年「全米一住み良い街」と言われています。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部