2018年5月8日 更新

「いつかは住みたい」ウィーンでの生活費

モーツァルトやベートーベンなど、著名なクラシック音楽家たちを数多く輩出した音楽家ゆかりの地であるオーストリアの首都・ウィーン。クラシック好きはもちろんのこと、音楽・芸術の都として今もなお世界中の人々に愛されています。

thinkstock (8601)

2018.1.3
今回はいつかウィーンに渡って暮らしてみたいという人のために、ウィーンで暮らすのにかかる費用を試算し、1カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

相対的にウィーンの家賃相場は安い

istockphoto (8603)

およそ180万人が暮らしているウィーンは、アメリカのとあるマーケティング会社が行った調査によれば、世界にある231都市の中で「生活の質が高い都市」として8年連続首位の座に君臨しています。実は、高い評価につながっている理由のひとつとして「家賃の相場が安いこと」が挙げられています。
ヨーロッパにある他の都市は家賃相場が軒並み高い中、ウィーンは相対的に家賃相場が安く、1LDK程度の広さでおよそ600~700ユーロ(約7万9,000~9万2,000円)となっており、東京の都心部にある物件の家賃相場と比べても6割程度の値段と非常にリーズナブルです。1平米あたり10ユーロ(約1,310円)が目安と覚えておくとよいでしょう。(1ユーロ=131円で換算)
ちなみに、ウィーンは東京と同じように1区から23区まで、全23区からなる行政区で構成されています。また、この行政区の中でも比較的家賃の高い地域と安い地域があり、交通の便の良さや治安の良さなどで家賃相場も変わるようです。23区の中で1番高いとされる地域はウィーンの中心地に位置する1区となっており、1区から離れるほど治安や交通の利便性などの問題が出てくるので注意が必要です。

ウィーンの食費、外食は日本と同等で自炊は少し安め

thinkstock (8613)

ウィンナーという名前でおなじみのソーセージ類やウィンナーコーヒーなど、日本でもポピュラーな食べ物がウィーンにはたくさんあります。ドイツの隣国であるオーストリアは公用語がドイツ語ということもあり、ドイツ料理の大きな影響を受けています。
ウィーン市内で外食する場合、カフェやレストランでの食事はドリンク込みでおよそ10~15ユーロ(約1,310~1,980円)といったところでしょう。ディナーだとこれより高くなります。これに加えチップ代がかかり、こちらの相場は料金の10%ほどとなっています。なお、会計はテーブルで行う場合がほとんどなので気を付けましょう。よりカジュアルなファストフード店などでは5~7ユーロ(約660~920円)ほどで済ますことができます。
また、自炊する場合ですが、スーパーマーケットにある品物の値段は日本と比べ、野菜や果物、肉類、乳製品、パンなど安く手に入るものが多いようです。海に面していない内陸国からなのか、魚介類は比較的高くなってしまいます。日曜日は営業していないところが多いので、あらかじめ営業時間をチェックしておきましょう。
ちなみに、オーストリアの水道水のほとんどはアルプスの湧き水を利用しているので、飲み水として使うことができ、ミネラルウォーターを買う必要がありません。街の至る所に公共の水飲み場もあり、この水道水はオーストリアの名物のひとつとして観光客にも人気となっています。水道水が安全に飲める国はオーストリアや日本を含め、世界にわずか15か国しかないそうです。
ちなみに、オーストリアの水道水のほとんどはアルプスの湧き水を利用しているので、飲み水として使うことができ、ミネラルウォーターを買う必要がありません。街の至る所に公共の水飲み場もあり、この水道水はオーストリアの名物のひとつとして観光客にも人気となっています。水道水が安全に飲める国はオーストリアや日本を含め、世界にわずか15か国しかないそうです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。
「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

「いつかは住みたい」ポートランドでの生活費

アメリカ屈指の人気スポット・西海岸のロサンゼルスやシアトルに程近く、オレゴン州最大の都市であるポートランド。近年「全米一住み良い街」と言われています。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部