2019年7月16日 更新

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。

ポリコレを軽視するとハラスメントに気づけない

gettyimages (36162)

日本でも「ポリコレ棒(ポリコレを理由に人の発言を叩く棒)」という表現が用いられています。しかし、日本で近年特に問題になっているようなハラスメントでは、依然としてポリコレは重要。なぜ重要なのか、具体例とともに見ていきましょう。
「女は、かわいい格好したらいいのに」
清潔感のある服装以上のものを「性」に結びつけた発想です。服装で何かすすめたいなら、「○○さんはこういう格好も似合うと思う」程度にするほうが良いでしょう。
「男のくせにできないのか」
「男性なら○○できなきゃいけない」という発想は固定観念以外の何物でもありません。「男のくせに(女のくせに)」という言い方自体が、現在はアウトです。
「子どもはいつできるの?」
いつ妊娠するかは、完全にはコントロールできませんし、妊娠できない人もいます。結婚・妊娠・出産という3つをセットで考えてしまうと、思わぬ摩擦を生んでしまうでしょう。聞かないほうがベターです。
言葉や概念には使用されてきた歴史があります。かつては問題のなかった表現が、男女機会均等のような価値観の変化が起こることで、摩擦を生む表現になることがあります。私たちは自分が使うすべての言葉や概念の歴史を知ることはできません。そうであればこそ、なるべく中立的な表現を用いるよう意識するほうが得策です。
ポリコレ疲れと呼ばれる現象は、ポリコレ賛成派にせよ反対派にせよ、それが「正しい/正しくない」基準であるという考えが背景にあるでしょう。
しかし本来、ポリコレは一定の「正しさ」を押しつける主張ではありません。あくまで差別的発想や偏見を含む表現や態度をより中立的なものにしようという観点であり、ダイバーシティ社会における調停方法のひとつ。ある男性が配偶者である女性にはもっぱら家事を任せたいと考え、夫婦間で同意が成立して役割分担できていたとしても、女性を「家内」ではなく「妻」と呼ぶ方が、世間での無用な摩擦を避けられるのです。
【参考URL】
「「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門」、ITmedia ビジネスオンライン、2016年5月26日、 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1605/26/news035.html
AFP「米国民に「ポリコレ疲れ」 52%が一段の「是正」反対、トランプ時代映す」、AFPBB News、2018年12月20日、 https://www.afpbb.com/articles/-/3203380

Anshi

より充実した素敵な生き方に——一過性のブームに流されない「選ぶ生き方」を掲げ、世の中に氾濫する雑多な情報から本当に役立つものをご紹介しています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とは、風評が世間に広まり経済的被害が出ること。近年の福島県の例などから、被害拡大プロセスや対策が検討されてきました。拡大の主な原因はメディア報道。ネットも無視できません。風評被害対策をするなら「カイシャの病院」に看てもらうのも一つの手です。
第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

他人を見た目で判断してはいけないと教えられた人は多いでしょう。しかし実際には、第一印象が重視されることが分かっています。活躍する人々は、見た目をおろそかにしません。世界基準の見た目を手に入れるには、匂いへの配慮やボディランゲージも重要です。
3Dプリンターによる製造の新しいビジネスモデルとは

3Dプリンターによる製造の新しいビジネスモデルとは

3Dプリンターが実際の産業でどう使われているのか、首をかしげる人も多いのでは。しかし、この数年で革新を遂げた3Dプリント技術は企業のものづくりで無視できない技術です。R・A・ダベニー教授による、3Dプリント技術を用いた6つビジネスモデルも見逃せません。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部