2018年10月23日 更新

悩む暇があったら、さっさと買う ─捨てるトライ&エラーの繰り返しで、直観力を磨く

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとって、なにが幸せか」を知ることだ。 そして、そぎ落とすべき「無駄」は、お金の出費や物の量だけでなく、生活スタイルや思考、人付き合いまで、人生のあらゆる局面におよぶ。その場面でミニマリズムを応用してこそ、ミニマリストだ。多くの人にそのよさを知ってもらえたらうれしい。

gettyimages (18813)

2018.8.4

──『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』特別編集[第1回] ミニマリストしぶ

「ほしい」と思った物はさっさと手に入れてしまうに限る。
必要かどうかは手にして初めてわかるし、必要がないとわかれば、すぐに売るなり手放せばいい……というのは、これまでにも述べてきた通り。

一方、「捨てる·手放す」もすばやく行いたい。迷う物は「なくても大丈夫な物」だからだ。
たとえば、現代人で「スマホを捨てようかな」と迷う人は少ないと思う。ないと生活に困るから。本当に必要な物は、「捨てよう」なんて発想にすらならない。

そして、「ほしい」「捨ててもいいんじゃないか」と感じた直観は、ほぼあたっている。イスラエルのある大学の研究でも、人間の直観は90 %近い確率で的中することが証明されている。
「なんとなく」という直観は、脳がこれまでインプットしてきた経験や学習のデータベースから、無意識のうちに引き出された答えなのだという。
僕自身、「捨てるかどうかで迷って躊躇していたけど、捨てたら捨てたでなにも困らず、むしろ清々した」という経験が多々ある。逆に「捨てるんじゃなかった」と後悔することは、めったにない。あったとしても「やっぱり必要だったんだ」とわかり経験値が蓄積されるだけ。後悔ではなく、成長に必要だったポジティブな失敗だ。
これは捨てるときだけでなく、買うときもそう。「一目惚れした物を買う」というのは、僕の購買ポリシーでもある。今となっては、一目惚れする物なんてめったにないが、それだけ貴重な物でもある。

もちろん, 一目惚れして衝動買いをするのではなく、少しの時間をおいて、下調べをしたうえで購入するかどうかを判断する。でも、一目惚れした物は、どれだけ時間をおいても「やっぱりほしい」となることがほとんど。必要最小限なことだけを調べて、できるだけすぐ買うようにしている。

ただし、捨てるにしろ買うにしろ、なぜその物に惹かれたのか、「なんとなく」で済ませず、原因分析もセットにしよう。

たとえば、服1着を捨てるにも、「色が奇抜で着回しが難しかった」「セール品を妥協して買った」など、捨てる理由を考えることで、「余計な物を買わないコツ」がわかってくる。

直観の90 %が的中するとはいえ、たまの10 %で外すこともある。でも、仮に間違った直観で物を買ってしまったとしても、今は売ったり譲ったり、手放す方法がたくさんある。
僕もクラッチバッグ、キャリーケース、タブレットPCなど、これまでにさまざまな物を買っては手放してきたが、これらの物を入手し、そして手放した経緯は、僕のミニマリストとしての直観を磨いてくれたように思う。

「早く失敗して、損害を小さくしよう」「人はやらなかったことを、もっとも後悔する」

この2つはシリコンバレーの教えだ。早く失敗を積み重ね、高速でトライ&エラーをまわす。この繰り返しで必要な物を見抜く目、つまり直観力が磨かれていく。

捨てるかどうか迷う物は捨て、 物のよし悪しを瞬時に見抜こう

本記事は「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」ミニマリストしぶ/サンクチュアリ出版 より抜粋しました。
gettyimages (18832)

ミニマリストしぶ

1995年生まれの福岡県北九州市出身。 お金や物だけでなく、人生のあらゆる局面において、 よりストイックに、よりミニマルに自分を研ぎ澄ます。 「ミニマリズムの魅力を広める」を目的に事業を展開する 「Minimalist」の代表。 自身の生活や考えを綴った「ミニマリストしぶのブログ」は、 月間100万PVを超える人気ブログ。 ミニマリストしぶのブログ: https://sibu2.com Twitter @SIBU__ Instagram: @minimalist_sibu
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部