2018年10月23日 更新

「努力しないための努力」だけする ─「面倒くさい」を原動力にする

僕は、筋金入りの面倒くさがりだ。 片付けも掃除も労働も苦手だし、そんなことをするより、ブログを書くなり、寝るなり、ニンテンドースイッチで遊んでいたい。 「面倒くさい」という違和感こそが、「無駄」の正体に他ならない。ちょっとした無 駄であっても、積み重なればやがて大きなストレスとなる。

gettyimages (19532)

2018.8.18

──『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』特別編集[第2回]ミニマリストしぶ

だから「面倒くさい」ことをしなくて済む方法はないか、もっと楽になるよう効率化できないかを、常に考えている。たとえば、こんな具合に。

・片付け→ 物を減らして散らからないようにする
・掃除→お掃除ロボットに任せる
・労働→生活コストを抑えて、稼ぐべき金額を下げる

こうやって「面倒くさい」をなくしていくと、「楽しい」に集中するための余白が生まれる。

先日、「ポーランドで開発された、ゴミを入れるだけで自動分別してくれるIoTゴミ箱」を紹介する記事の見出しにあった「努力よりもテクノロジー」というコピーに、強烈に惹かれてしまった。

片付けする努力、掃除する努力、労働する努力、そして、ゴミを分別する努力・・・・・・
このように、今まではなんにでも努力が求められ、それができない、つまり「がんばれない」人には「ダメ人間」のレッテルが貼られていた。しかし、テクノロジーが進化した今、「努力=がんばること」は無駄だ。
努力は美徳とされるが、「がんばろう」と思っている時点で適性がない証拠。片付けも、掃除も、労働も、本当に好きならば自然と体が動いているはずだ。

だから僕は、「面倒くさい」ことを排除し、「がんばらなくても継続できる」、つまり「好きなこと」だけに力を注げる環境を整えたい。努力が大嫌いな僕だけど、唯一「努力をしない努力」だけはする。
「面倒くさい」と感じることがあったら、効率化や自動化を図れないか、あるいは、なくすことはできないか、を常に検討する。

そもそも、昔は掃除や洗濯、炊飯、支払いなど、あらゆることが手作業で行われていたのだ。テクノロジーの進化は、代々の「面倒くさがり屋」の「努 力をしない努力」の賜物である。偉大なる「面倒くさがり屋」の先人たちには感謝するばかりだ。

例としてテクノロジーを挙げたけれど、テクノロジーに頼らなくても、たとえば、部屋の物を減らすだけでも「効率化」「自動化」「やめる」のどれかは達成できるはず。
「努力·気合·根性」なんて人の意思はあてにならないので、「努力をしないで済むように、どう努力したらいいか」と考えよう。

僕は「楽しい」ことに集中できる人生にしたい。だから「面倒くさい」という感情に対して、敏感であり続けたいと思う。努力せずともうまくいく環境をつくる、そんな「努力しない天才」になる素質を、ミニマリストは秘めている。

「面倒」をなくせば、 「楽しい」だけに集中できる

本記事は「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」ミニマリストしぶ/サンクチュアリ出版 より抜粋しました。
gettyimages (19533)

ミニマリストしぶ

1995年生まれの福岡県北九州市出身。 お金や物だけでなく、人生のあらゆる局面において、 よりストイックに、よりミニマルに自分を研ぎ澄ます。 「ミニマリズムの魅力を広める」を目的に事業を展開する 「Minimalist」の代表。 自身の生活や考えを綴った「ミニマリストしぶのブログ」は、 月間100万PVを超える人気ブログ。 ミニマリストしぶのブログ: https://sibu2.com Twitter @SIBU__ Instagram: @minimalist_sibu
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部