2017年11月16日 更新

“お財布”で幸せを呼ぶための、たった1つのやるべきこと

お財布は、スマホ、自宅の鍵と並んで肌身離さず持ち歩くもの。日常のお金の出入りの“玄関”ともいえる存在だからこそ、あることを実践するだけでお金の流れが変わり、幸せを呼び込むことができるのです!──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第5回]

thinkstock (5426)

2017.10.2

スマホのホーム画面を見れば生活が透けて見える

istockphoto (5451)

あなたのスマホのホーム画面には、どんなアプリが並んでいますか?同僚や上司、恋人やちょっと気になっているあの人のスマホはどうでしょう?
なかなか自分以外の人のスマホをじっくり眺める機会はないかもしれませんが、もしそんな機会があったとしたら、ホーム画面に並んでいるアプリを見るだけで、その人の生活や価値観が透けて見えるはずです。
仕事のアプリが大きなシェアを占めているなら、その人はきっと日常の中での仕事の存在感が大きい人。SNSのアプリがここぞとばかり並んでいるなら、広い交友関係を志向し、コミュニケーションを大切にする人。もしかしたらさみしがりやな一面もあるのかもしれません。ゲームのアプリが占拠していたら、休日や仕事が終わったあとの時間に、ソファーやベッドにごろりと転がってゲームをしている姿が自然と浮かびますよね。
thinkstock (5431)

実は、お財布も同じ。試しにお財布を取り出して、中に入っているクレジットカードやポイントカードを並べてみましょう。それがあなたの生活や価値観をそのまま表しています。いわば、お財布に入っているクレジットカードやポイントカードは、今のあなたのペルソナともいえる存在。どうでしょう。あなたの今の生活や価値観は、どんな要素ででき上がっていましたか?

「知らず知らずポイントカードが増えていて数えたら10枚以上もあった」「今は使っていないクレジットカードがそのまま入れっぱなしになっていた」なんていう場合には、過去を断ち切るためにも、今を見えやすくするためにも、思い切って厳選を。

損得だけでカードの取捨選択をしてはいけない

さて、厳選する際に覚えておいてほしい、大事なポイントがあります。

それは、目の前の損得だけでなく、”理想の日常“や“なりたい自分”をイメージしながら取捨選択をするということ。
「ここで買い物をするとポイントが貯まりやすいから」「このクレジットカードだと還元率が高いから」ということだけで判断するのではなく、「普段からこのカフェに通える自分になりたい」「いつか、このカードブランドのプラチナのインビテーションをもらえる自分になりたい」、そんなふうにイメージしながら選んでいくのです。
gettyimages (5440)

もちろん、お金を貯めるという点では、しっかりと損得を考え、おトクなポイントカードやクレジットカードを賢く活用するということもとても大切です。でもその観点から“合格”とするのは、利用頻度がかなり高いもの、圧倒的に優秀なもの、できれば1枚ずつに絞ってしまいましょう。そして、それ以外は”理想の日常“や“なりたい自分”のイメージに合ったものだけにするのです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

あなたの自宅の本棚には、どんな本が並んでいるでしょうか。あなたの本棚に並んでいる本は、あなた自身を映し出す鏡。だったら、意識して本棚をセットアップすることで、自分を変えることだってできてしまうのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第6回]
その選択がすべて、自分の未来につながっている

その選択がすべて、自分の未来につながっている

当たり前のように毎日使っているお金。でも、それは「何にお金を使うのか」「いつ使うのか」「いくら使うのか」という選択の繰り返しともいえます。そして、その選択はすべて、自分の未来につながっているのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第4回]
理想の人生を実現するための、たった3つの“メモ習慣”

理想の人生を実現するための、たった3つの“メモ習慣”

なんでもメモをとる習慣のある人と、メモをとる習慣のない人。この違いは、人生の大きな差となって表れてきます。たった3つの“メモ習慣”で、理想の人生を実現する方法とは?──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第3回]
「モノ」より「経験」に支出すべき5つの理由

「モノ」より「経験」に支出すべき5つの理由

ボーナスが支給されたら、宝くじが当たったら、もしも自由に使えるお金が手に入ったら、あなたは何に使いますか? こんなとき、迷わず「モノ」より「経験」に支出するのがお金の作法なのです──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第2回]
自分の1年後は「今日のランチ」の積み重ねでできている

自分の1年後は「今日のランチ」の積み重ねでできている

「今日のランチ、何にしようかな」。そんなとき、あなたはどうやって決めていますか? その日の気分? いきあたりばったり? 実は、何気ない日々のランチの積み重ねが、1年後の自分を作っているんです──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第1回]

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子