2019年3月11日 更新

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。

gettyimages (14930)

2018.5.19

「シリコンバレーより南武線」こそ、新しい雇用の象徴

thinkstock (14937)

結論から申し上げましょう。
確かに、AIによって無くなる仕事はありますが、AIの台頭によって生まれる仕事の数はそれを凌駕するのです。
ニューズウィーク日本版「「AIが人間の仕事を奪う」は嘘だった」で、海外発のニュースを特集しています。
AI導入企業では、新規雇用が増えているというレポートです。
・AIの台頭で2020年末までに180万人が失業するが、230万人が雇用される。
 結果的に50万人の雇用が増えた。(アメリカ)
・AI導入企業の83%で、新規雇用が創出された。(フランス)
・自動化によって低レベル雇用80万人が失業したが、350万人が新規雇用された。  
新規雇用の平均年収は1万3000ドル増であった。(イギリス)
日本でも、2016年9月に行われたカンファレンス
「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」
で、既にこんな意見が発表されていました。日立製作所における、AI関連の新規雇用の実例です。
“我々、日立の置かれている状況も全く同様で、色々な分野の寿命が尽きた事業の人たちが、どんどんAIの分野で仕事を創っています。どこが仕事を奪っていますか、むしろ仕事を創っていますよ、と感じています。”
日立製作所・矢野和男氏は、AI導入が新たな仕事を創出している事実を強く訴えました。矢野氏は、AIの台頭が人間の仕事を奪うと勝手に妄想するのではなく、雇用が生み出されている現実を見る必要性を訴えています。
この記事は、最近話題になった電車の中吊りを彷彿とさせるものがありました。
「シリコンバレーより南武線のエンジニアが欲しい」というコピーを聞かれたことがありますか?自動運転技術のエンジニアを確保したいトヨタ自動車が、東芝のITエンジニア向けに出した中吊りポスターです。当時、東芝の業績悪化のニュースは連日報道されていました。
これは、AIが基幹技術である自動運転技術を担うエンジニアを、トヨタがヘッドハントしようとしたキャッチコピーなのです。
この一件は、AIによって雇用が創出されていることを証明しているといえます。
東芝の経営危機だけを見ていると衰退しか感じません。
しかし世の中を見渡せば、先端テクノロジーの担い手に対する莫大な需要が生まれていることは事実です。
時代によってエンジニアの受け皿が変化するように、私達も働く先が変わるだけなのかもしれません。

「AIer」こそ、AIによって新たに生まれる職業

thinkstock (14945)

日立製作所の矢野氏は、「AIer」という新たな仕事を、これからものすごく需要がある職業として紹介しています。
AIerとは、どんな職業なのでしょうか。
Youtubeの仕事をしている人をYoutuber(ユーチューバー)と呼ぶように、AIerはAIの活用方法を設計する人のことです。今後、AIはあらゆる分野に登用されていくのですから、AIerは引っ張りだこの職業になるでしょう。
子供のなりたい職業ランキングにも登場するかもしれません。
子供たちの大好きなYoutubeにも、ついにAIのYoutuberが登場しました。
AI Youtuberキズナアイちゃんはもうご存知ですか?彼女は2016年にチャンネルを開設しました。登録者数は既に180万人を超えています。
AIは、子供に絶大な力を持つといいます。

思春期の子供は、親から
「宿題をしなさい」
「歯を磨きなさい」
などと言われるのが大嫌いですよね。しかし、AIに宿題をやるように言われると素直にやるというのです。
AIはもしかしておじいちゃんおばあちゃん、近所のお兄さんみたいな存在なのでしょうか?
計り知れない教育効果も、AIに見込めるのかもしれません!
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。
モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

「5G(第5世代移動通信)」は2025年までに世界で11億回線に達すると見込まれます。周波数は従来の「センチ波」に「ミリ波」が加わりますが、ミリ波は直進性が強すぎ建物内に死角ができる弱点があります。5Gの普及でも死角になるかどうかは技術開発や各社の取り組み次第です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部