2019年3月7日 更新

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。

中国の景気減速

その前提としてあったのが、中国が金融引き締めによって民間の債務削減を進めると同時に、米国が金融政策の正常化によって採算の悪い投資を改めさせていくという環境でした。ところが今では、中国が景気の減速を回避するために金融引き締めから金融緩和へと転換したばかりか、米国までもが株価の急落への対応を優先するため金融引き締めを凍結しようとしているのです。

目下のところ、中国は何とか景気を下支えしようとして、大幅な金融緩和や公共投資の増額、個人・企業への減税へと大盤振る舞いに走っています。2018年の経済成長率は6.6%であると公表されているものの、日米の企業の中国での販売の落ち込みを考えると、ある研究機関の内部調査が示した1.7%という数字のほうが信頼性は高いといわれています。だからこそ、習近平体制は目先のことを優先せざるをえなくなったのでしょう。

経済の減速の根本原因は、生産年齢人口がピークを過ぎて潜在成長率が落ちているなかで、無理にでも成長率を押し上げようとして、債務に依存した非効率な設備投資やインフラ投資を推し進めてきたということです。日本のバブル崩壊後、企業は設備・債務・雇用の過剰に苦しみ、経済は長期低迷に陥りましたが、中国は今まさに1990年代前半の日本と同じ状況にあるといえるでしょう。

中国の債務は世界経済にとって大きなリスク

中国経済の下振れ要因は根が深く、米中貿易摩擦はそのなかの一因にすぎません。中国がこのまま無理を重ねて景気の下支えを続けるようなことがあれば、1年~2年は景気の底割れを防ぐことができるかもしれませんが、その副作用として中国企業の効率性はいっそう低下し、債務の膨張がバブル崩壊に導く可能性を高めていくでしょう。要するに、かつての日本と同じように、中国は不良債権の増加によるバランスシート不況に陥る可能性が高まっているのです。

中国はこれまで、政府の経済力や統制力によって金融リスクを抑え込んできましたが、民間部門で膨張し続けている債務は、今では世界経済にとって大きなリスクとなりつつあります。中国の債務バブルが弾ければ、中国経済の恩恵を受けている日本や他のアジア諸国、欧州諸国は当然として、米国も経済と金融の両面で大きな打撃を受けることが避けられそうもありません。(次回に続く)

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。

http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

根拠ある銘柄選びで受講生の7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部