2019年3月7日 更新

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。

中国の景気減速

その前提としてあったのが、中国が金融引き締めによって民間の債務削減を進めると同時に、米国が金融政策の正常化によって採算の悪い投資を改めさせていくという環境でした。ところが今では、中国が景気の減速を回避するために金融引き締めから金融緩和へと転換したばかりか、米国までもが株価の急落への対応を優先するため金融引き締めを凍結しようとしているのです。

目下のところ、中国は何とか景気を下支えしようとして、大幅な金融緩和や公共投資の増額、個人・企業への減税へと大盤振る舞いに走っています。2018年の経済成長率は6.6%であると公表されているものの、日米の企業の中国での販売の落ち込みを考えると、ある研究機関の内部調査が示した1.7%という数字のほうが信頼性は高いといわれています。だからこそ、習近平体制は目先のことを優先せざるをえなくなったのでしょう。

経済の減速の根本原因は、生産年齢人口がピークを過ぎて潜在成長率が落ちているなかで、無理にでも成長率を押し上げようとして、債務に依存した非効率な設備投資やインフラ投資を推し進めてきたということです。日本のバブル崩壊後、企業は設備・債務・雇用の過剰に苦しみ、経済は長期低迷に陥りましたが、中国は今まさに1990年代前半の日本と同じ状況にあるといえるでしょう。

中国の債務は世界経済にとって大きなリスク

中国経済の下振れ要因は根が深く、米中貿易摩擦はそのなかの一因にすぎません。中国がこのまま無理を重ねて景気の下支えを続けるようなことがあれば、1年~2年は景気の底割れを防ぐことができるかもしれませんが、その副作用として中国企業の効率性はいっそう低下し、債務の膨張がバブル崩壊に導く可能性を高めていくでしょう。要するに、かつての日本と同じように、中国は不良債権の増加によるバランスシート不況に陥る可能性が高まっているのです。

中国はこれまで、政府の経済力や統制力によって金融リスクを抑え込んできましたが、民間部門で膨張し続けている債務は、今では世界経済にとって大きなリスクとなりつつあります。中国の債務バブルが弾ければ、中国経済の恩恵を受けている日本や他のアジア諸国、欧州諸国は当然として、米国も経済と金融の両面で大きな打撃を受けることが避けられそうもありません。(次回に続く)

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。

http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

根拠ある銘柄選びで受講生の7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
経済 |
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部