2017年12月19日 更新

世界の見え方はSTAGEごとに違う~『お金原論』[第12回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

thinkstock (8078)

2017.12.19
『お金原論』という本の命題は、「お金とは何か」ということ。
「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、人生をもっともっと楽しめるようになるだろう。
これから毎回、『お金原論』の中身を少しずつ伝えていく。すべてが賛同を得られるものであるという確信はない。しかし、生活や人生と切っても切り離せない「お金」というものについて、1人でも多くの人に「お金とは何か」という議論に加わっていただければ幸いである。

世界の見え方はSTAGEごとに違う

thinkstock (8063)

地球上には、人間をはじめとする哺乳類、両生類、昆虫類、魚類など、さまざまな生き物が生息している。ある研究によると、同じ世界に生きていても、人間と動物、小さな生き物では見え方が大きく異なるらしい。
シマウマなどの草食動物は、眼が頭部の左右の側面についているために、パノラマ写真のような風景の世界に生きている。犬や猫から見た世界は全体的に青っぽい緑色で構成されている。蛇は眼でも熱を感知することができるため、人間にとっては真っ暗な夜でもサーモグラフィーのように景色が見えているらしい。
眼にたくさんのレンズがついている昆虫は、紫外線レンズを通したような状態で世界が見えているといわれている。たとえば、モンシロチョウは雌に比べて、雄のほうが強く紫外線を反射する。したがって、私たちの眼には雄も雌も同じように映るが、モンシロチョウの視界で見れば、雄は黒く、雌はより白く見えているというのだ。
 
では、人間はみな、同じヒト科に属している動物なのだから、見えている世界は同じなのだろうか。
答えは否、である。
thinkstock (8069)

あなたの周りに、こんな人はいないだろうか。
月曜日の朝。起きがけに「週末が終わってしまった。また今日から1週間仕事に行かなくては。嫌だなぁ」と憂鬱な気分になる。寝ぐせのついたボサボサの頭のまま、とりあえずテレビのスイッチを押す。流れてきたのは、タレントの◯◯さんが5億円の豪邸を建設中らしい、◯◯で殺人事件が起こったが原因はどうも保険金狙いらしい、といったワイドショー。それをぼーっと眺めながら、昨日の夜の残りのスナック菓子を朝食代わりに食べる。
ぐだぐだとテレビを見ていて、ふと時計に目をやると、家を出なければならない時刻が迫っている。慌ててスーツを着て、早足で駅へ。危ない、この電車を逃したら遅刻するところだった。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人