2017年12月7日 更新

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

thinkstock (7359)

2017.12.5
『お金原論』という本の命題は、「お金とは何か」ということ。
「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、人生をもっともっと楽しめるようになるだろう。
これから毎回、『お金原論』の中身を少しずつ伝えていく。すべてが賛同を得られるものであるという確信はない。しかし、生活や人生と切っても切り離せない「お金」というものについて、1人でも多くの人に「お金とは何か」という議論に加わっていただければ幸いである。

お金の教養STAGEとは何か

thinkstock (7349)

私が「お金」と「人の思考や行動」とのかかわりに興味を持つようになって20余年。そして、金融経済教育に携わって15年。この長い歳月の間、このテーマは本来、飽き性である私を一度も飽きさせることなく、探究心を刺激し続けている。
私がこうしたことに興味を持った原体験には、身の回りで感じたいくつかの「違和感」がある。お金との付き合い方における「正解」が状況によって異なるように感じたり、同じような行動であっても、人によってその行動が「正解」かどうかが分かれるように感じたり。こうした違和感が私の探究心を呼び覚まし、長い歳月をかけて仮説と分析を繰り返した結果、本章のタイトルでもある「お金の教養STAGE」をはじめとする「STAGE」という概念フレームワークが誕生したのである。
違和感とは、たとえばこんなことだ。普段は生活用品の多くを100円ショップで調達している主婦が、テレビのワイドショーで、有名芸能人が100円ショップで買い物をしているという報道を見ると、「あの芸能人はケチだ」と言う。自分と行動は同じであるにもかかわらず、だ。
この矛盾を解き明かすのが、お金の教養STAGEだ。
100円ショップで買い物をするという消費行動そのものは、自分と同じだ。それなのに、自分のことを棚に上げて「ケチ」「お金に細かい」と揶揄する。
 
違う点は、それぞれの経済状況だ。
その主婦が管理している生活費が毎月8万円だとしたら、その中でやりくりをするために100円ショップで買い物をするのは正しい消費行動だ。
一方、仮に年収1億円の芸能人が100円ショップに行くと、潤沢にお金があるのに100円ショップに行くのは正しくない消費行動だ、と捉えられてしまう。本来はその行動自体に非難されるべき理由はどこにもないはずにもかかわらず、だ。
なぜ、同じ行動をとっているにもかかわらず、このような受け止め方のズレや違和感が生じるのか。
 
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人