2018年10月19日 更新

ココ・シャネルの生き方&格言を読み解く!個性のつくり方

新装版『ココ・シャネルという生き方』。偉人の格言集は私の好きなジャンルのひとつですが、これまで女性にスポットを当てたものはあまり読んでこなかったので、あえて選んでみた次第です。ブランドとは縁遠い生き方をしている私が驚いたのは、87歳で生涯を終えるまで、彼女がいかに強烈な個性を放ち、力強い言葉を遺していたのかということ。さらに、初めてジャージー素材の衣服を作ったり、あえて宝石と偽物を混ぜた「イミテーションジュエリー」を生み出したり、その時代の流行だけでなく革新的なスタイルを生み出し続けてきたことです。どれも知らなかった…。

gettyimages (23648)

2018.10.19
シャネルと言えば、マリリン・モンローの「寝るときはシャネルのNo.5」という言葉で香水を有名になるなどセレブが今でも愛用し、時代を越えて支持され続けるトップブランド。そんな歴史的ブランドを築き上げたデザイナー、ココ・シャネルの生き方とは?今回は強烈な個性で人々を魅了した彼女の言葉に迫り、今の時代に参考になりそうな「個性のつくり方」を見つけたいと思います。

野心を持ち続けるために「傲慢であれ」

gettyimages (23653)

「傲慢さは、わたしの性格のすべての鍵ともなった代わりに独立心となり、または非社交性ともなった。それは同時に、わたしの力や成功の秘密にもなっていった。」
彼女は幼少期を孤児院で過ごしたことで、早くから自由を手に入れるのだと決意をしました。そのために必要だったのは「傲慢さ」。傲慢は悪徳であり、謙虚は美徳。これが一般的な解釈ですが、「謙虚」の裏にはごまかし、楽な道を選ぶ姿勢が潜んでいることもある。彼女は自分をごまかすことを排除して常に前進するために、あえて傲慢である道を選んだのです。
そのため意見の合わない人とは、衝突を繰り返したことも多かったそうですが、誰よりも自分に厳しくある姿は周囲の人々の心を打ったに違いありません。

物に執着せず「お金を使いながら裕福になれ」

「節約しながら貧乏になる人もいれば、お金を使いながら裕福になる人もいる。」
「私は人を判断するのに、お金の使い方で見分けることにしている。」
彼女は貯蓄に励む人を嫌い、物に執着する姿勢を批判しました。特に、当時は男性が働いたお金で女性が着飾ることが多かった時代。身に付けた宝石を自慢する女性を嫌ったと言い…
gettyimages (23656)

「もし宝石が何かの記号であるなら、それは卑しさの、不正の、または老いの記号でしかない。」
という強烈なメッセージも遺しています。夫の富のもとでしか自分の価値を認められない女性を批判したものですが、これは性別・時代関係なく重要な考え方なのではないでしょうか?そして、彼女自身が最もお金を費やしたことのひとつですが、それは「新たな才能への投資」でした。彼女は生涯を通じてバレエをはじめ多くの芸術に巨額の投資したと言われますが、支援の条件に「誰にも言わない事」と「見返りはいらない事」を盛り込んだとも言います。純粋に才能が開花する場に居合わせることに喜びを感じる彼女の生き方は尊敬せざるを得ません。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部