2018年10月19日 更新

ココ・シャネルの生き方&格言を読み解く!個性のつくり方

新装版『ココ・シャネルという生き方』。偉人の格言集は私の好きなジャンルのひとつですが、これまで女性にスポットを当てたものはあまり読んでこなかったので、あえて選んでみた次第です。ブランドとは縁遠い生き方をしている私が驚いたのは、87歳で生涯を終えるまで、彼女がいかに強烈な個性を放ち、力強い言葉を遺していたのかということ。さらに、初めてジャージー素材の衣服を作ったり、あえて宝石と偽物を混ぜた「イミテーションジュエリー」を生み出したり、その時代の流行だけでなく革新的なスタイルを生み出し続けてきたことです。どれも知らなかった…。

gettyimages (23648)

2018.10.19
シャネルと言えば、マリリン・モンローの「寝るときはシャネルのNo.5」という言葉で香水を有名になるなどセレブが今でも愛用し、時代を越えて支持され続けるトップブランド。そんな歴史的ブランドを築き上げたデザイナー、ココ・シャネルの生き方とは?今回は強烈な個性で人々を魅了した彼女の言葉に迫り、今の時代に参考になりそうな「個性のつくり方」を見つけたいと思います。

野心を持ち続けるために「傲慢であれ」

gettyimages (23653)

「傲慢さは、わたしの性格のすべての鍵ともなった代わりに独立心となり、または非社交性ともなった。それは同時に、わたしの力や成功の秘密にもなっていった。」
彼女は幼少期を孤児院で過ごしたことで、早くから自由を手に入れるのだと決意をしました。そのために必要だったのは「傲慢さ」。傲慢は悪徳であり、謙虚は美徳。これが一般的な解釈ですが、「謙虚」の裏にはごまかし、楽な道を選ぶ姿勢が潜んでいることもある。彼女は自分をごまかすことを排除して常に前進するために、あえて傲慢である道を選んだのです。
そのため意見の合わない人とは、衝突を繰り返したことも多かったそうですが、誰よりも自分に厳しくある姿は周囲の人々の心を打ったに違いありません。

物に執着せず「お金を使いながら裕福になれ」

「節約しながら貧乏になる人もいれば、お金を使いながら裕福になる人もいる。」
「私は人を判断するのに、お金の使い方で見分けることにしている。」
彼女は貯蓄に励む人を嫌い、物に執着する姿勢を批判しました。特に、当時は男性が働いたお金で女性が着飾ることが多かった時代。身に付けた宝石を自慢する女性を嫌ったと言い…
gettyimages (23656)

「もし宝石が何かの記号であるなら、それは卑しさの、不正の、または老いの記号でしかない。」
という強烈なメッセージも遺しています。夫の富のもとでしか自分の価値を認められない女性を批判したものですが、これは性別・時代関係なく重要な考え方なのではないでしょうか?そして、彼女自身が最もお金を費やしたことのひとつですが、それは「新たな才能への投資」でした。彼女は生涯を通じてバレエをはじめ多くの芸術に巨額の投資したと言われますが、支援の条件に「誰にも言わない事」と「見返りはいらない事」を盛り込んだとも言います。純粋に才能が開花する場に居合わせることに喜びを感じる彼女の生き方は尊敬せざるを得ません。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部