2018年12月29日 更新

バンライフで新しいライフスタイルを実験するつくば市が熱い!

筑波研究学園都市であり茨城県内唯一のSDGs 未来都市でもあるつくば市。新プロジェクトでは、バンタイプの車を中心とした「生活実験」で未来のライフスタイルを模索しつつ「Society5.0 の取り組み」が進行中。2019 年はつくば市が熱い!

gettyimages (27873)

2019.12.29

研究と生活が深く結びつく、研究学園都市つくば市

gettyimages (27859)

国内最大の研究学園都市として知られる茨城県つくば市。学校の教科書で、なんとなくその存在を知っている人も多いのではないでしょうか。研究学園都市としての建設は1963 年に始まり、2005 年のつくばエクスプレスで沿線でのまちづくりも加速。大型商業施設の開業や人口の増加などを経て、2014 年には約22 万人の暮らす国際都市へと成長しました。
2011 年に国から「つくばモビリティロボット実験特区」に認定され日本初のモビリティロボット公道実験が行われたり、つくば出身のアザラシ型メンタルコミットロボット「パロ」が、世界で最もセラピー効果があるロボットとしてギネス世界記録に認定されたり。新技術の活用で二酸化炭素の排出を68%削減することに成功し、自動運転や遠隔医療、災害の予測システムの実証実験などでも成果をあげています。
加えて、2015 年に国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向け、つくば市は政府から「SDGs未来都市」にも選定。2015 年5月からは「つくばSociety 5.0 社会実装トライアル支援事業」を展開し、市内の研究や技術と市民の理想とする暮らしの実現とを結びつけるべく、新たに「Tsukuba Tomorrow Labo」プロジェクトも始動しました。

持続可能なまちづくり̶̶つくば市の「生活実験」VANLIFE

gettyimages (27863)

2019 年、つくば市は新しい取り組みとして「生活実験」を行います。その第一弾が3月に開催される「つくばVAN 泊2019」。
現在、「VANLIFE(バンライフ)」という言葉がInstagram を賑わせており、約400 万件もタグ付けされているのだとか。これはバンのような自動車を中心として仕事や生活をするスタイルのこと。当サイトでも、「タイニーハウス」として小型の移動型住居をとりあげたことがあります。つくば市は、仕事と暮らしの「モビリティ」に着目し、このバンライフの生活実験を行おうというのです。
つくば市の五十嵐立青市長によれば、「バンライフは防災や働き方、あるいは暮らし方の観点からも“世界のあした”をいっている」ライフスタイル。大規模災害が発生した際は、車が安全な居住空間のひとつになりますし、車を中心としてどこでも仕事ができる環境が整っていれば、介護と仕事の両立の助けにもなるでしょう。
バンライフに必要な機能をコミュニティ側がサポートできれば、バンライフを送る「バンライファー」と地域との能動的な関わりも生まれます。さまざまな地域を渡り熱く彼らだからこそ、地域の人々だけでは気づけない問題や解決策をもたらしてくれるでしょう。
「つくば市が重視するSDGs の観点でも“これからのやさしさのものさし”になるヒントを『バンライフ』から探っていきたい」と五十嵐市長は語っています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座