2018年12月29日 更新

バンライフで新しいライフスタイルを実験するつくば市が熱い!

筑波研究学園都市であり茨城県内唯一のSDGs 未来都市でもあるつくば市。新プロジェクトでは、バンタイプの車を中心とした「生活実験」で未来のライフスタイルを模索しつつ「Society5.0 の取り組み」が進行中。2019 年はつくば市が熱い!

gettyimages (27873)

2019.12.29

研究と生活が深く結びつく、研究学園都市つくば市

gettyimages (27859)

国内最大の研究学園都市として知られる茨城県つくば市。学校の教科書で、なんとなくその存在を知っている人も多いのではないでしょうか。研究学園都市としての建設は1963 年に始まり、2005 年のつくばエクスプレスで沿線でのまちづくりも加速。大型商業施設の開業や人口の増加などを経て、2014 年には約22 万人の暮らす国際都市へと成長しました。
2011 年に国から「つくばモビリティロボット実験特区」に認定され日本初のモビリティロボット公道実験が行われたり、つくば出身のアザラシ型メンタルコミットロボット「パロ」が、世界で最もセラピー効果があるロボットとしてギネス世界記録に認定されたり。新技術の活用で二酸化炭素の排出を68%削減することに成功し、自動運転や遠隔医療、災害の予測システムの実証実験などでも成果をあげています。
加えて、2015 年に国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向け、つくば市は政府から「SDGs未来都市」にも選定。2015 年5月からは「つくばSociety 5.0 社会実装トライアル支援事業」を展開し、市内の研究や技術と市民の理想とする暮らしの実現とを結びつけるべく、新たに「Tsukuba Tomorrow Labo」プロジェクトも始動しました。

持続可能なまちづくり̶̶つくば市の「生活実験」VANLIFE

gettyimages (27863)

2019 年、つくば市は新しい取り組みとして「生活実験」を行います。その第一弾が3月に開催される「つくばVAN 泊2019」。
現在、「VANLIFE(バンライフ)」という言葉がInstagram を賑わせており、約400 万件もタグ付けされているのだとか。これはバンのような自動車を中心として仕事や生活をするスタイルのこと。当サイトでも、「タイニーハウス」として小型の移動型住居をとりあげたことがあります。つくば市は、仕事と暮らしの「モビリティ」に着目し、このバンライフの生活実験を行おうというのです。
つくば市の五十嵐立青市長によれば、「バンライフは防災や働き方、あるいは暮らし方の観点からも“世界のあした”をいっている」ライフスタイル。大規模災害が発生した際は、車が安全な居住空間のひとつになりますし、車を中心としてどこでも仕事ができる環境が整っていれば、介護と仕事の両立の助けにもなるでしょう。
バンライフに必要な機能をコミュニティ側がサポートできれば、バンライフを送る「バンライファー」と地域との能動的な関わりも生まれます。さまざまな地域を渡り熱く彼らだからこそ、地域の人々だけでは気づけない問題や解決策をもたらしてくれるでしょう。
「つくば市が重視するSDGs の観点でも“これからのやさしさのものさし”になるヒントを『バンライフ』から探っていきたい」と五十嵐市長は語っています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部