2017年12月7日 更新

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に学ぶ“人生”と“投資”の極意

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場する。その内容は、株式投資マーケットで生き残るだけでなく、人生をサバイブするうえでも大いに役立つ。

2015.9.7
投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場する。その内容は、株式投資マーケットで生き残るだけでなく、人生をサバイブするうえでも大いに役立つ。

マーケットでの損は取り返せるが、人生での失敗は時に致命傷になる。「人生」という最大の投資で成功するために、「インベスターZ」に登場する朱玉の言葉を紹介しよう。

01.誘惑に負けるヤツ、ルールもロクに知らないのに首を突っ込むヤツは結局はカモになるんだよ

世界で最も著名な投資家であるウォーレン・バフェットは、こんな名言を残している。

「リスクとは自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものだ」。つまり、マージャンのリスクが何であるかもわからずにゲームに参加することや、株式市場のリスクもわからずに参加することは馬鹿げたことであると言っているのだ。

人生もしかり。十分に下調べを行い、成功の鉄則を学んでから人生というゲームにリスクをとって参加しよう。

02.冷静にじっくり粘って運が向くのを待つんだ

いかにスキルやノウハウが優れていようが、一投資家が市場をコントロールすることはできない。座して待つのみ。身をまかせるしかないのが市場というものだ。

「ウォール街のグレートベア」の異名をもつ著名な投資家、ジェシー・バリュモアが名言を残している。「良いアイデアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。最も重要なのは、絶好な時が来るまで静かに座っていることだ」と。

場の流れに耳を澄まし、じっくりそのときを待ち、場の変わり目を感じ取ったら勝負に回ろう。それが人生の極意だ。

03.思い切って一歩を踏み出したヤツに神様はちょっとだけご褒美をくれる

投資における勝率は50%。「ビギナーズラック」に科学的な根拠はない。しかし、この言葉は世間でかなり広く認知されている。

それはなぜか。ひとつの理由が、無邪気な気持ちで投資をすることで、邪念がなくうまくいくということだ。しかし、ビギナーズラックには弊害がある。それは、最初に成功することで根拠のない自信過剰な行動をとる傾向が強くなるということだ。

投資も人生も、甘い世界だと勘違いしてしまい大きなしっぺ返しを受ける。神様からご褒美をもらっても、自信過剰は禁物だ。

04.株は買うことより売ることのほうが大事なんだ

投資初心者は、購入する際の銘柄選択に多くの時間を使うが、購入後はいずれ上がるだろうと安易に放置する傾向にある。そして、目標の売却価格も曖昧に設定する。

しかし、残念ながらこれでは利益を確実に積み上げていくことはできない。価格が上昇すると、自分の相場観や先見性に溺れ、欲に潰されてだらだらと保有を続けるのが人間というものなのだ。

株価も、社会における人の評価も、いずれ本来の価値に回帰する。価値を冷静に見極め、時がきたら出口戦略を実行しよう。人生の利益を確実に積み上げていくために。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スタンフォード式「人生がうまくいくシンプルなルール」に学ぶ!

スタンフォード式「人生がうまくいくシンプルなルール」に学ぶ!

ここ数年、書店やメディアで「スタンフォード大学」というワードを見かける機会が増えたような気がします。スティーブ・ジョブズが伝説のスピーチを残したからなのか? 世界の大学ランキングでベスト3に入っているからなのか? その理由は定かではありませんが、例えば2017年現在も『スタンフォード式 最高の睡眠』がベストセラーの仲間入りをするなどブランド価値はさらに高まることが予想されます。
「10着しか服を持たないフランス人」に学ぶ人生のコツ

「10着しか服を持たないフランス人」に学ぶ人生のコツ

みなさんはフランス人と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか? オシャレで情熱的、美食家でワイン好き、といったところでしょうか。書籍『フランス人は10着しか服を持たない』を読んでみてわかったのは、これらのイメージはあくまで表面的なもので、その先には彼らの強いこだわりが存在していたということ。
世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に 学ぶ“人生”と“投資”の極意

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に 学ぶ“人生”と“投資”の極意

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場する。その内容は、株式投資マーケットで生き残るだけでなく、人生をサバイブするうえでも大いに役立つ。
AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

機械学習の成果から、AI導入を検討する企業が少しずつ増えています。そのような中、アルゴリズムのブラックボックス状態は信頼性低下の原因に。万が一の時の説明責任は依然として人間が負うからです。AIやモデルの説明・検証のため、AIの透明性が求められています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊