2019年8月15日 更新

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

2019.7.3

利害関係のある人に流されてはダメ

トラスティを見極めるうえで、もうひとつ注意したいことがあります。
それは相手が親身になって教えてくれるからといって、無闇やたらと聞き入れてはいけないということです。
これは白紙思考の考えとは逆行するのですが、あくまでも自分の「我」ではなく、 ここでは「客観的判断力」が必要になることをお伝えしたいと思います。
たとえば、僕が、どの投資信託を買えばよいか迷っているとします。
銀行の営業窓口にいるAさんに相談したところ、「今後成長するC投信を買うべきです」と自信満々な様子で断言されました。
次に、実際に資産運用で安定して収益を上げている友人のBさんにも相談したところ、「D投信を買うといいでしょう」とアドバイスを受けました。
この場合、どちらのアドバイスに従ったほうがよいでしょうか。
答えは、もちろんBさんです。
Aさんは、あくまでも仕事として買うことをすすめているので、僕がC投信を買って、たとえ損をしても関係ありません。C投信を僕に売ってAさんの会社に利益をもたらすこと、または営業目標のノルマを優先する可能性が高いからです。
一方、Bさんは、僕が投資信託を買うことによって損をしても関係ないという立場ではAさんと同じですが、友人であると同時に、実際に資産運用で成果を出しています。
僕の投資家としての適性や現在の株式市場の状況などを判断してアドバイスをしてくれている可能性が高いのです。
営業マンや利害関係のある人は、 一見、親身になってくれているように感じるかもしれませんが、その裏には損得勘定が働いているので、そういう人の意見は聞き入れたとしても、
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成果返礼 結果や成果をフィードバックする

成果返礼 結果や成果をフィードバックする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
行動信託 〜思考を行動に移す〜

行動信託 〜思考を行動に移す〜

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
トラスティの5つの条件

トラスティの5つの条件

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー