2020年1月11日 更新

世界で注目されるサーキュラー・エコノミーとは? SDGsと循環型経済

世界で進むサーキュラーエコノミー(循環型経済)。使い捨てを前提とした経済から、使い続けることを前提とした経済へ移行することが、今後は重要になると言われています。サーキュラー・エコノミーの基本と5つのビジネスモデルを解説します。

gettyimages (51647)

2020.1.11

使い捨てから卒業するサーキュラーエコノミーとSDGs

gettyimages (51646)

石油を原料にプラスティック製品を作り、使って廃棄した後、また別の石油を原料として製品を作るという例に見られる従来型の経済は、「一方通行型経済」と呼ばれています。対して、2010年代に推奨され始めたのが、使ったあとに何らかの形で再利用するという「循環型経済(サーキュラー・エコノミー)」です。

サーキュラー・エコノミーは、以下のようなSDGsの目標達成にも貢献します。

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
12 つくる責任 つかう責任
13 気候変動に具体的な対策を
14 海の豊かさを守ろう
15 陸の豊かさも守ろう

使えるものだけ再利用しようという現在の状況から一歩進み、なるべく一次資源の消費を抑えて現在の製品を再利用するなどの方法で徹底的に使い倒すモデルです。

サーキュラー・エコノミーの著者が示した5つのビジネスモデル

gettyimages (51614)

サーキュラー・エコノミーの具体的モデルを示した本に『Waste to Wealth The Circular Economy Advantage』があります。その5つのビジネスモデルを見てみましょう。

1.サーキュラー型サプライチェーンモデル

再生可能エネルギーや再生可能素材を開発し、製造業者に販売したり自社のオペレーションに使用したりするモデル

2.回収・リサイクル型ビジネスモデル

廃棄された製品から材料を取り出し、リサイクルやアップサイクルを通じて再加工するモデル

3.製品寿命延長モデル

5年以上の寿命をもつ製品の耐久性、品質、機能などを向上させ、製品寿命を延ばす、中古品を新品のような状態に復元する、リコマースを行う、容器に入っている中身を補充する、修理する等の方法で製品を徹底的に使ってもらうモデル

4.シェアリング・プラットフォーム型ビジネスモデル

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

映像・音楽だけじゃない、モノのサブスク拡大中

サブスクリプションとは、前払いすることで一定の期間サービスを受けられるサービス。Netflixの動画配信やApple Musicの音楽配信が有名です。今、サブスクは服や家具などのモノにまで拡大中。サブスク最前線はどうなっているのでしょうか。
企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

企業と個人の新しい関係と「ギグエコノミー」

優秀な人材が応募してこないのは、求人広告で嘘をついているからかもしれません。個人が情報を得やすくなった今、広告の嘘はクチコミでバレてしまいます。会社員になることを望まず「ギグエコノミー」で働く人々も増加中。企業と個人の関係が変わりつつある現状をお伝えします。
飲み会にアルコールは要らない。新潮流「ソーバーキュリアス」とは?

飲み会にアルコールは要らない。新潮流「ソーバーキュリアス」とは?

飲み会といえばアルコール。日本企業のコミュニケーションにお酒は必要不可欠とされてきました。しかし若い世代ほどお酒を飲まなくなっています。ノンアルコール市場は徐々に拡大中で、お酒を飲まない「ソーバーキュリアス」も登場しました。ノンアルコール市場は今どうなっているのでしょうか。
ゲノム編集、人工肉、昆虫食:食の未来はどうなる?

ゲノム編集、人工肉、昆虫食:食の未来はどうなる?

日本で人口減少が問題視されている一方、世界規模では人口が増加中。人口の増加で懸念されるのが食糧難です。食糧難問題だけでなく、環境問題の観点からも、さまざまな解決法が模索されています。その代表例であるゲノム編集食品や人工肉、昆虫食の現在をお伝えします。
なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

働き方改革が進められるも勤務時間外メールへの対応を迫られる人はまだ多く、健康被害に至るケースも見られます。勤務時間外メールには「つながらない権利」の侵害や生産性低下という問題があります。メールで疲弊しないために、適切な仕事メールの扱い方を確認しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座